複数言語と翻訳

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 >

複数言語と翻訳

プロパティサブウィンドウやノート欄に記入する内容について、複数の言語での内容を保持したり、自動的に翻訳したりすることができます。これにより、モデルの内容について複数の言語で情報を保持し、ドキュメント生成時に指定した言語で表示することができます。

 

Enterprise Architectの翻訳機能の概要は次の通りです。

 

 

プロジェクトのオプションの「複数言語」ページで複数言語機能を有効にすると、ノートサブウィンドウには「主言語」「翻訳」の2つのタブが表示されるようになります。有効にする前にノート欄に設定されていた内容は「主言語」の内容として表示されます。

 

 

手作業での翻訳

 

手作業で翻訳する場合には、プロジェクトのオプションの「複数言語」ページで複数言語機能を有効にします。コーポレート版以上のエディションの場合には、自動翻訳機能を利用するかどうかの設定ができますので、「翻訳ツール」を「手動」に設定します。また、主言語と翻訳先となる言語を指定します。

 

翻訳した内容は、ノートサブウィンドウの「翻訳」タブで、言語を指定してから内容を入力します。

 

 

主言語と翻訳のタブを切り替えることで、複数の言語のノートを入力することができます。

 

利用言語が複数ある場合には、翻訳タブ内の言語のドロップダウンリストから表示・入力する言語を切り替えることができます。それぞれの言語での内容は別々に保存されます。

 

 

 

 

 

ノートの内容はいつでも自由に編集することができます。もし、「主言語」の内容を編集した場合には、「翻訳」タブの名前に「*」マークが表示されます。このマークは、翻訳されたノートの内容が一致していない可能性があることを示しています。このマークは、翻訳タブにあるメニューボタンを押し、「翻訳を確認」を選択することで非表示になります。

 

なお、プロパティサブウィンドウから、設定された言語に関する要素などの名前と別名を入力できます。これらの内容は自動翻訳はできません。

 

 

自動翻訳

 

自動翻訳機能を利用するためには、以下の設定が必要です。

 

なお、ノート欄の内容を編集した場合に自動的に翻訳内容を更新することもできます。あるいは、明示的に翻訳を実行することもできます。

 

もし、「ノートを自動翻訳」のオプションを有効にしなかった場合には、ノートの主言語の内容を変更しても、翻訳の内容は変更されません。翻訳タブにあるメニューボタンから「翻訳を実行」を選択することで、翻訳されます。この場合には、その選択した対象の要素および言語に対してのみ、翻訳が実行されます。

 

 

プロパティの編集 - 要素の名前と別名

 

ノート欄の内容だけでなく、要素の名前と別名についても、それぞれの言語での内容を設定し保存することができます。

 

要素あるいは操作を選択した場合には、プロパティサブウィンドウには「翻訳」タブが表示されます。このタブには「名前」と「別名」のグループが表示され、設定したそれぞれの言語ごとの名前と別名を設定できます。

 

 

それぞれの項目をクリックすることで、内容を入力・編集できます。これらの欄は自動翻訳機能には対応していません。

 

 

参照: