複製の同期

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  チーム開発 > プロジェクトの共有とチームの開発 > 複製 >

複製の同期

あるメンバーが複製に対して行った変更を他の複製に反映させるためには、同期の機能を実行する必要があります。このとき、変更は双方向に反映されることに注意してください。

 

注意:

この機能は、過去のバージョンとの互換性のために残されています。サポートの対象外であり、利用非推奨です。この機能を利用するよりは、XMIファイルやバージョン管理機能を利用してモデルを分散開発するか、差分比較・マージを行うことを推奨します。

 

利用手順:

リボン

プロジェクト > ツール > 管理 > EAPX/EAPファイルの管理 > 複製の同期

 

 

複製の同期

#

説明

1

最初に、デザインマスターを読み込みます。

2

「複製」の同期 機能を実行します。この機能は、「プロジェクト」リボン内の「ツール」パネルにある「管理」ボタンを押すと表示されるメニューの「EAPX/EAPファイルの管理」 メニュー以下から実行できます。

現在開いているデザインマスターと、選択した複製を同期します。

 

注意:

  • 同期が完了したときには、両方のEAPX/EAPファイルはまったく同じ内容になります。
  • 衝突が発生した場合、原則としてデザインマスター側の変更内容が優先されます。

 

 

衝突の修正

もし、二人あるいはそれ以上の利用者が同じ要素(パッケージやダイアグラムなど)に対して作業を行った場合には、同期処理中に、どの変更が正しいものであるか解決する必要がでてきます。

これを避けるには、複製を利用しているときには、常にモデルの別々の部分に対して作業をするように注意する必要があります。また、このときに複製の衝突の解決機能を利用することもできます。

 

あるいは、「プロジェクト」リボン内の「ツール」パネルにある「管理」ボタンを押すと表示されるメニューで 「EAPX/EAPファイルの管理 | 変更の衝突を解決」 を実行して下さい。

 

注意:

  • セキュリティ(アクセス権)機能が有効の場合には、複製の管理のアクセス権が必要です。
  • 同期中に変更の衝突が検知された場合には、内容を確認し解決する必要があります。
  • 情報は双方向に同期されます。削除・更新・追加のいずれの操作も対象です。

 

 

参照: