ステレオタイプの設定

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  プロジェクトファイルとリポジトリの管理 > リファレンス情報 > UMLに関連する定義 >

ステレオタイプの設定

Enterprise Architectでは、ステレオタイプを事前に定義し、要素に対して適用する仕組みがあります。

UMLに関連する定義ダイアログのステレオタイプタブでは、プロジェクトファイル内で利用できるステレオタイプの詳細を定義することができます。 ステレオタイプのカスタマイズについては、独自のステレオタイプの定義のページをご覧ください。

 

ステレオタイプに対しては、独自のメタファイル形式の画像で外見を変更したり、色を指定したり、描画スクリプト機能を利用して要素の外見を変更したりすることもできます。

 

 

利用手順:

リボン

プロジェクト > リファレンス情報 > UMLに関連する定義

 

 

詳細:  

項目

説明

ステレオタイプ

新規にステレオタイプを追加する場合には、ステレオタイプ名を入力します。定義済みの項目を選択した場合には、ステレオタイプ名が表示されます。

グループ名

ステレオタイプがつけられている属性・操作について、ダイアグラム内において複数のステレオタイプをまとめて表示するために利用します。

属性と操作は、ダイアグラム内でステレオタイプごとに分類して表示する表示モードのときに有効になります。

対象要素

指定した種類の要素に対して、ステレオタイプを適用するように設定します。

ノート

ステレオタイプに関連するノートです。

新規

新しいステレオタイプを定義する場合にこのボタンを押します。

保存

ステレオタイプの内容を追加・編集した場合にこのボタンを押すと、内容が保存されます。

削除

選択したステレオタイプの定義を削除します。

外見の設定

なし

ステレオタイプが指定された場合でも、外見は変化させません。

メタファイル

メタファイル形式の画像ファイルを指定し、その内容でダイアグラム内に表示します。

描画スクリプト

対象のステレオタイプが定義された要素を、独自に定義した描画方法で表現することができます。

この描画方法は描画スクリプトで定義します。

割当

メタファイルや描画スクリプトを指定します。

削除

メタファイルや描画スクリプトが定義済みの場合に、その情報を削除します。

既定の色

内部

外見の設定が「なし」の場合の要素の内部の色を指定します。

ここで指定した色は、対象のステレオタイプを持つ要素すべてに適用されます。もし、ステレオタイプに関連づけられた色が変更された場合には、そのステレオタイプを持つ要素の色も即時に変更されます。

ただし、ステレオタイプで色が指定されている場合でも、要素ごとに別の色を指定することができます。その場合には、その指定した色が優先されます。例えば既定の色(F4キー)で変更された場合は、その色が優先されます。

境界

外見の設定が「なし」の場合の要素の境界線の色を指定します。

文字

外見の設定が「なし」の場合の要素のフォントの色を指定します。

初期化

設定した外見の設定を既定の値に初期化します。

プレビュー

設定した書式設定の結果を表示します。

 

注意:

  • セキュリティ(アクセス権)機能が有効の場合には、ステレオタイプの設定 のアクセス権が必要です。
  • enumerationなど、UMLの仕様上「キーワード」として定義されている内容については、この設定機能を利用できない場合があります。

 

 

参照: