バージョン管理の設定ダイアログ

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  プロジェクトファイルとリポジトリの管理 > 変更管理 > バージョン管理 > バージョン管理機能のセットアップ >

バージョン管理の設定ダイアログ

バージョン管理の設定ダイアログではバージョン管理ツールを利用するための設定を行うことができます。

Enterprise Architectが対応するのは、SCC互換ツール(VisualSourceSafeなど)・CVS・Subversion・TeamFoundationServerです。

 

 

利用手順:

リボン

プロジェクト > バージョン管理 > 基本設定

コンテキストメニュー

パッケージを右クリック > パッケージの管理 > バージョン管理の基本設定

 

 

ひとつのプロジェクト内に複数の設定を利用することができます。また、同じバージョン管理の設定を、複数のプロジェクトで利用することもできます。これにより、バージョン管理ツールを通して、複数のプロジェクト間でモデルを「共有」することができます。

 

ダイアログ内の下にある一覧には、既に設定済みのバージョン管理の情報が表示されています。設定が完全に完了していない場合なども、この一覧に状況が表示されます。なお、一覧の「ファイル」の項目は、そのバージョン管理の設定を利用して実際に管理されているXMLファイルの数(=パッケージの数)を示しています。このファイルの数が0にならない限り、バージョン管理の設定を削除することはできません。

 

 

ダイアログの共通の内容:

項目

説明

このプロジェクトでは、同時に複数の人がプロジェクトをひらくことはありません

この項目は、全ての人が1つのプロジェクトを利用するのか、あるいは個々の利用者がそれぞれローカルにあるプロジェクトファイルを利用するのかを指定します。

チェックが入っていない場合(1つのプロジェクトファイルを共有している場合)には、誰かがチェックアウトしているときにはファイルの履歴機能は利用できません。ファイルの履歴機能の実行により、他の作業者の変更内容が破棄されてしまう危険性があるからです。

入れ子でバージョン管理されている場合を考慮する

バージョン管理されているパッケージの中に、別のバージョン管理されているパッケージが含まれるかどうかを指定します。この場合、別に管理されている内容についてはXMIファイルに出力せず、スタブ(ダミーデータ)を出力するようになります。

 

この設定項目は、過去のバージョンとの互換性の確保のために存在します。常にチェックを入れておくことをお勧めします。

パッケージ間の参照情報を常に保持

バージョン管理されているパッケージに、対象のパッケージ外に存在する要素の情報が含まれる場合に、原則としてコミット時にその情報は削除され、欠落する形になります。この設定項目が有効な場合には、このような場合でも、その情報を内部的に保持します。

 

その結果として、バージョン管理されているパッケージ間にまたがって利用されている要素や接続の情報をツールが適切に把握・管理することができます。

(この項目にチェックを入れると、ユーザーのオプションの「XMI1.1/2.1の読み込みで、存在しない要素のプレースホルダを配置」にチェックを入れた場合と同じ挙動になります。)

設定識別ID

バージョン管理の設定情報と関連づいたIDです。

このIDにより設定を区別します。他のパッケージや他のプロジェクトに対しても区別するために、一意なIDを指定する必要があります。

種類

対象のバージョン管理の設定に関連するバージョン管理ツールの種類を指定します。

 

バージョン管理ツールの種類を選択すると、その選択した内容に応じて、詳細な設定項目が表示されます。設定項目の詳細は、それぞれの種類に応じた説明ページをご覧ください。

 

SCCとして選択すべきツールとしては、以下のようなツールがあります。

  • MS Visual Source Safe
  • Rational Clear Case
  • Perforce
  • AccuRev
  • その他のSCC対応ツール

 

CVS, Subversion, TFSを利用する場合には、該当する種類を選択してください。

新規

新しいバージョン管理の設定を定義します。

保存

設定した内容を保存します。

削除

現在表示している設定内容を削除します。

定義済みの設定

定義済みの設定が一覧に表示されます。

バージョン管理の設定が未完了の場合でも確認しない

ネットワークに接続していない場合や未設定のバージョン管理の設定がプロジェクトファイルに含まれる場合など、環境によっては起動時にバージョン管理ツールとの接続に失敗する場合があります。

この場合に、警告メッセージを表示しないようにすることができます。

閉じる

このダイアログを閉じます。

ヘルプ

ヘルプを表示します。

 

 

このダイアログの中央付近では、選択したバージョン管理ツールによって内容が変わります。詳細はそれぞれのツールの説明のページをご覧下さい。

 

注意:

  • 開こうとしたプロジェクトに、別のマシン・別のユーザーが設定したバージョン管理の設定が含まれる場合で、開いているユーザーがバージョン管理の設定を行っていない場合があります。この場合には、開いているユーザーが利用できるように適切にバージョン管理の設定を行う必要があります。
  • バージョン管理されているモデルを共有する場合、設定識別IDを同じ値にすることが、全体の一貫性を保つために重要です。
  • アクセス権(セキュリティ)の機能が有効になっている場合には、バージョン管理の設定のアクセス権が必要です。
  • 1つのプロジェクトの中に複数のバージョン管理の設定を定義し、使い分けることが可能です。

 

 

参照