描画スクリプト

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの拡張(SDK) >

描画スクリプト

描画スクリプトを利用すると、ステレオタイプに対して表示される外見を自由にカスタマイズすることができます。ダイアグラムにはカスタマイズした外見で表示されます。それぞれの描画スクリプトはステレオタイプと関連づけて定義し、そのステレオタイプが適用された要素の外見が変わります。

 

 

利用手順:

リボン

プロジェクト > リファレンス情報 > UMLに関連する定義 > ステレオタイプ タブ

 

 

詳細:  

項目

説明

書式

描画スクリプトの形式です。現在は変更できません。

読込

外部のファイルとして描画スクリプトが定義されている場合、その内容を読み込むことができます。

出力

描画スクリプトの内容を外部のファイルとして出力することができます。

エディタ

スクリプトを記述する場所です。

プレビュー

作成した描画スクリプトの内容を確認することができます。

次のスクリプト

描画スクリプトが複数のスクリプトから構成されている場合、プレビューに表示する対象を切り替えることができます。

更新

プレビューの内容を更新します。

OK

描画スクリプトエディタを終了し、描画スクリプトの内容を保存します。

 

注意:

  • 描画スクリプトで作成された要素は、既定の状態では、他の要素と同様の色設定およびグラデーションとなります。
  • 描画スクリプトで要素の外見を変更した場合、コンテキストメニューの追加設定の項目の多くは利用できなくなります。
  • ステレオタイプを指定せずに、描画スクリプトを作成・適用することはできません。

 

 

参照: