APIに接続

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  API・アドイン・スクリプト > API > APIを使う >

APIに接続

ActiveX COMを生成可能な全ての開発環境においては、Enterprise ArchitectのAPIに接続することができます。

 

ここでは、実際の例を利用して、いくつかのツールでどのように接続するかを説明します。この手順はツールのバージョンにより異なる場合があります。

 

 

Microsoft C#, VB.NET

#

操作方法

1

プロジェクトメニューから 「参照の追加」 を選択します。

2

参照ボタンを押します。

3

Enterprise Architectのインストールディレクトリにある Interop.EA.dll を選択します。

4

その後は、APIのドキュメントを参考にクラスを利用してください。次の例は、C#言語の場合で、リポジトリオブジェクトを作成してプロジェクトを開く例です。

     

private void button1_Click(object sender, System.EventArgs e)

{

       EA.Repository r = new EA.Repository();

       r.OpenFile("c:\\eatest.eap");

}

5

利用する.NET フレームワークは、4.0以降を利用するように設定してください。

 

Java

#

操作方法

1

インストールディレクトリの下のJava APIディレクトリから、SSJavaCOM.dllファイルを、Windowsのパスが通っている位置にコピーします。

例:

  • 32ビットOS:
    C:\Windows\System32
  • 64ビットOS:
    C:\Windows\SysWOW64

2

インストールディレクトリの下のJava APIディレクトリから、eaapi.jarファイルを、JavaのCLASSPATHの位置にコピーします。

3

APIに関するクラスは、名前空間 org.sparxに含まれています。その後は、APIのドキュメントを参考にクラスを利用してください。

 

次の例は、リポジトリオブジェクトを作成してプロジェクトを開く例です。

 

public void OpenRepository()

{

  org.sparx.Repository r = new org.sparx.Repository();

  r.OpenFile("c:\\eatest.eap");

}