接続の種類と方向の設定

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  モデル内の探索・検索・追跡 > 追跡(トレーサビリティ) > 要素の関係マトリックス >

接続の種類と方向の設定

関係マトリックスでは、内容を表示するためには接続の種類と方向を指定する必要があります。

 

接続の種類や向きを指定する方法は次の通りです。

#

操作方法

1

「接続」のドロップダウンリストから、対象の接続の種類を指定します。

 

 

2

接続の種類は通常、数多くありますので、必要に応じてスクロールして希望する種類を指定してください。

3

「方向」のドロップダウンリストから希望する方向を指定します。

4

一覧から、希望する向きを選択してください。関係マトリックスの内容が更新され、指定した条件の内容が表示されます。

 

注意:

  • 「方向」を「両方」に指定した場合には、「ソース→ターゲット」 と 「ターゲット→ソース」 のそれぞれの方向の2つの接続が存在する場合に、特別なアイコンで表示されます。このアイコンの例は関係マトリックスの例をご覧ください。
  • この「方向」は、接続の意味的な方向は(接続のプロパティダイアログの「方向」の情報)は考慮されません。接続のプロパティダイアログに表示される「ソース」「ターゲット」のそれぞれの要素のみを基準として、表示されます。

 

 

参照: