RoleTag

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  API・アドイン・スクリプト > API > リファレンス > 接続 >

RoleTag

RoleTagは、接続の端(ConnectorEnd)に対して設定されるタグ付き値です。それぞれの接続の端について、タグ付き値の追加・削除・参照ができます。

 

client = con.ClientEnd

client.Role = "m_client"

client.Update()

tag = client.TaggedValues.AddNew("tag", "value")

tag.Update()

tag = client.TaggedValues.AddNew("tag2", "value2")

tag.Update()

client.TaggedValues.Refresh()

For idx = 0 To client.TaggedValues.Count - 1

tag = client.TaggedValues.GetAt(idx)

Console.WriteLine(tag.Tag)

client.TaggedValues.DeleteAt(idx, False)

Next

tag = Nothing

 

 

プロジェクト内の関係するテーブル: t_taggedvalue

 

属性

属性

R/W

説明

BaseClass

string

RW

必要に応じて、対象をASSOCIATION_SOURCEASSOCIATION_TARGETで指定します。

ElementGUID

string

RW

タグ付き値を指定する接続のGUIDです。

FQName

string

R

タグ付き値の完全名です。

ObjectType

ObjectType

R

このオブジェクトの種類を区別するために利用できる値です。

PropertyGUID

string

RW

タグ付き値を示すGUIDです。システムが生成します。

Tag

string

RW

タグ付き値の名前です。

Value

string

RW

タグ付き値の値です。

 

この項目は、最大で255バイト(JET4.0形式の場合は255文字)まで格納できます。もし255文字以上を格納したい場合には、「メモ型」に設定する必要があります。具体的には、この値を"<memo>"に設定し、Notes属性に実際の値を格納してください。

既存のタグ付き値についてAPIで処理する場合には、もしValue = "<memo>"の場合には、タグ付き値の値としてNotesの値を返すようなプログラムにしなければ、Enterprise Architectからの操作と整合性がとれません。

 

操作

操作

戻り値の型

説明

GetAttribute

(string propName)

string

構造化タグ付き値の、指定した名前に対する値を取得します。

 

引数:

  • propName: string - 対象のプロパティ名を指定します。

GetLastError()

string

最後に発生したエラーの詳細情報です。

HasAttributes()

bool

対象のタグ付き値が、構造化グ付き値の場合には、trueを返します。

SetAttribute

(string propName,

string propValue)

bool

構造化タグ付き値の、指定した名前に対する値を設定します。

 

引数:

  • propName: string -  対象のプロパティ名を指定します。
  • propValue: string - プロパティ名に対応する値を指定します。

Update()

bool

既存の要素を変更した場合や新しい要素を追加した場合に更新するメソッドです。

falseが返された場合にはGetLastErrorメソッドで詳細な情報を取得することができます。