ソースコードの読み込み

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  ソースコードの生成と読み込み >

ソースコードの読み込み

 

 

利用方法:

Enterprise Architectでは、ソースコードをモデルに読み込んで、クラスとインターフェースを作成することができます。この作業はリバースエンジニアリングと呼ばれています。既存のソースコードは、関連するUMLの要素として表現されます。

例えば、JavaのクラスはUMLのクラス要素として表現され、変数は属性として、メソッドは操作として表現されます。また、クラス間の関係については、関連として表現されます。

 

リバースエンジニアリングを行うことにより、既存のソースコードライブラリの機能や構造を簡単に確認することができます。

これにより、再利用性をあげることもできますし、同期と呼ばれる処理を行うことで、開発中にUMLモデルを常に最新の状態に保つこともできます。

UMLモデルでソースコードの内容を確認することは、コードに含まれる重要なモジュールを視覚的に見極め、既存のシステムのビジネス要求あるいはシステム要求を把握するためのとっかかりを得ることができるでしょう。また、ソースコード全体の構造をより簡単に把握することもできるでしょう。

 

既存のソースコードを読み込むには、Enterprise Architectにソースコードを読み込む作業が必要です。

この作業は、単一のファイルを選択したり、あるいはディレクトリ構成全体を読み込んだりすることができます。リバースエンジニアリングを実行する際には、いくつかのオプションを設定することもできます。例えば、ソースコードのある既定のディレクトリや、コメントを読み込むかどうか、クラス間に依存関係を設定するかどうかなどの設定を行うことができます。これらの設定はオプションダイアログから設定できます。

 

なお、既存のソースコード全体を読み込んだ場合、UMLのモデルとして簡単に理解できる形に読み込むことができるとは限らないことに注意してください。

設計に問題のある既存のシステムでは、ソースコード全体をいくつかの把握可能なコンポーネント単位に分けて分析する必要があるかもしれません。この場合に便利な機能として、関係する要素を追加する機能が役に立つかもしれません。

 

 

著作権について:

なお、リバースエンジニアリングする際には、著作権にも気をつける必要があるかもしれません。

場合によっては、ソフトウェアにはリバースエンジニアリングを禁止する制約が付加されている場合があります。ソースコードをリバースエンジニアリングする際には、著作権の所在にも気をつけてください。

 

リバースエンジニアリング可能な場合としては、例えば次のような場合があります。

 

 

Enterprise Architectでは現在次のプログラム言語をサポートしています。

 

注意:

  • Enterprise Architectのコーポレート版でセキュリティ(アクセス権)機能が有効になっている場合には、ソースコードやDDLの読み込みのアクセス権が必要です。
  • Enterprise Architectでは、NETの実行ファイルやJavaの.jarファイルを直接読み込むことも可能です。
  • ハードウェア記述言語(HDL)を利用する場合には、MDGテクノロジー「システムエンジニアリング」を有効にする必要があります。

 

 

参照: