モデルの共有と再利用

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  プロジェクトファイルとリポジトリの管理 > Proクラウドサーバの利用 > Proクラウドサーバを利用した際の追加の機能 >

モデルの共有と再利用

Enterprise Architectのクラウド機能を利用する場合には、モデルの内容をパッケージ単位で「パッケージリポジトリ」に格納して共有し、さまざまなプロジェクトで再利用することができます。この機能を利用すると、分散環境で設計開発している設計者が、単一のプロジェクトあるいは複数のプロジェクトにおいて、共通モデルの内容を簡単に(バージョン管理機能やXMIファイルの入出力などの他の機能を利用せずに)共有することができます。

 

この機能は、プロジェクトのマイルストーンにおけるモデル・アーキテクチャのフレームワークや業界標準などのモデルを分散環境でのチーム間でやりとりする場合に効果を発揮します。

 

管理可能な対象は、以下の両方の内容になります。

 

例えば、以下のような対象を管理する際に適しています。

 

 

登録されているパッケージは一覧形式で表示され、取り込む前に概要を確認することができます。

 

それぞれのパッケージには、自動的に以下の内容が設定されます。

 

それぞれのパッケージリポジトリには、複数の「ストレージ」を含めることができます。パッケージを登録するためには、パッケージリポジトリ内に最低1つのストレージが必要です。

 

ストレージごとにパスワードを設定し、パスワードで参照・編集(更新)の権限を変えることもできます。

 

注意:

  • パッケージリポジトリの機能は、プロフェッショナル版では一部の機能が利用できません。
  • パッケージリポジトリを参照・利用する場合には、クラウド機能で接続可能なサーバに対して、Raw接続で接続する必要があります。

 

 

参照: