プロジェクトカレンダー

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  チーム開発 >

プロジェクトカレンダー

カレンダーを利用すると、カレンダーの形式でタスクなどの情報を表示・確認できます。チームでのイベントなどを登録し、スケジュールの管理を行う場合に便利です。

 

カレンダーはタブとして表示され、以下の3つの部分で構成されます。

 

 

利用手順:

リボン

ホーム > チーム設計 > カレンダー

 

 

項目

利用方法

概要カレンダー

概要カレンダーには、現在の年月のカレンダーと、その前後の月のカレンダーが表示されています。

現在詳細カレンダーに表示されている範囲は、強調表示されています。また、今日の日付は赤い四角で囲まれています。

 

最上位の月カレンダーには左右の矢印アイコンが表示され、このアイコンをクリックすることで表示範囲を変更することができます。ツールバーの左から2番目のアイコン()をクリックすることで、表示範囲を既定の状態(今日を中心とした表示)に戻すことができます。

概要カレンダー内でドラッグして範囲を指定することで、詳細カレンダーに表示される範囲を決めることができます。

詳細カレンダー

詳細カレンダーでは1日(あるいはそれ以上)の詳細な予定が表示されます。

それぞれの日には、定義したタスクやイベントなどが表示されます。表示範囲は概要カレンダー内で指定する方法の他、ツールバーのボタンでも変更することができます。表示する内容は、ドロップダウンリストを利用して以下の内容から選択することができます。

 

表示されている範囲については、ツールバーの以下のアイコンを利用することで変更することができます。

  • 1日 (カレンダーの場合のみ選択可能)
  • 5日 (月~金・カレンダーの場合のみ選択可能)
  • 7日 (月~日)
  • 31日

 

なお、カレンダーパネル(小さなカレンダー)で範囲選択することで、1日~7日・14日・21日・28日・35日・42日の範囲を表示するようにすることもできます。

1日から7日の範囲を表示するようにした場合には、それぞれの日について、1時間ごとに区切られた詳細な内容が表示されます。ツールバーで表示範囲を変えることもできます。

表示した日の現在の時間については、ハイライト(強調)表示されます。

7日あるいはそれ以上の日数を表示するように設定した場合には、スクロールバーを利用し上下にスクロールすることで前後の内容を参照することができます。この場合には、右クリックして「今日の位置に移動」を実行することで、今日を示す位置に戻ることができます。

ツールバー

ツールバーは詳細カレンダーにどのような内容を表示するのかを切り替えたり、項目を追加したりするために利用できます。

ツールバーに表示されているアイコンで呼び出せる機能は、左から順に以下の機能に対応します。

 

  • 新規イベント - 新しいプロジェクトのイベントを作成できます。また、既存のイベントについては、そのプロパティを確認・変更できます。
  • 今日の位置に移動 - 表示位置を、今日の日付を示す部分に変更します。
  • 1, 5, 7, 31 - 詳細カレンダーに表示される日数を変更します。
  • 表示内容指定のドロップダウンリスト - 詳細カレンダーに表示する内容を指定することができます。カレンダー・要素の担当者と役割・プロジェクトのタスクから選択できます。
  • 表示項目絞り込みのドロップダウンリスト - 表示内容指定のドロップダウンリストで選択した項目について、さらに表示内容を絞り込むために利用します。
  • 表示項目絞り込みのドロップダウンリスト(2) - 表示項目絞り込みのドロップダウンリストで選択した項目について、さらに表示内容を絞り込むために利用します。
  • オプション:
  • イベントの種類の指定 - 種類の編集ダイアログを表示し、イベントの種類を自由に定義することができます。
  • 時間間隔 - 表示する時間間隔を変更することができます。
  • 終了時間を表示 - カレンダーの場合に、イベントが1日で終わる場合に、イベントの終了時間を表示するかどうかを指定します。開始時間は自動的に表示されます。
  • 時間を時計で表示 - 開始時間・終了時間を時計で表現するかどうかを指定します。
  • 土日をまとめて表示 - 詳細カレンダーが31日の形式の表示の場合に、土日をまとめて1つのセルで表示するかどうかを指定します。
  • ツールチップを表示 - マウスカーソルを項目の上に載せたときに、ツールチップを表示するかどうかを指定します。

 

注意:

カレンダー機能はコーポレート版以上で利用可能です。