独自の定義の追加

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  モデル内の探索・検索・追跡 > 追跡(トレーサビリティ) > 要素の関係マトリックス > セルの表示形式変更 >

独自の定義の追加

関係マトリックスのセルの表現として独自の定義を追加することができます。独自の定義の情報は、タグ付き値の型として登録されます。このタグ付き値の型はMatrixOverlay型になります。それぞれのセルの内容は、接続のタグ付き値として保存されます。

 

利用手順:

リボン

モデル > トレーサビリティ > 関係マトリックス | 表現のドロップダウンリスト | <定義を追加>

キーボード

  • Alt + 9
  • Alt + 1 : 関係マトリックス

 

 

項目

説明

定義名

追加する定義の名前を指定します。

指定可能な文字

それぞれのセルに設定可能な文字を指定します。それぞれの文字の間には、カンマや空白文字は不要です。大文字小文字は区別されます。

(例: CRUD → C,R,U,Dの文字が入力可能。cやrなど、小文字は入力できない。)

いずれか1つの値のみ

指定可能な文字で設定した文字が、いずれか1つのみが入力可能な場合には、この項目にチェックを入れます。(この設定を選択すると、タグ付き値の型が列挙型になります。)

チェックを外すと、指定可能な文字を複数セルに設定することが可能になります。 (この設定を選択すると、タグ付き値の型はカスタム型になります。)

OK

このボタンを押すと、定義の内容が保存されます。

それぞれのセルに対して設定した内容は、タグ付き値の型には以下のような情報として保存されます。

 

Type=Enum;Values=C,R,U,D;MatrixOverlay=true;

 

注意:

設定した情報は、タグ付き値の型の設定ダイアログから削除することができます。

 

 

参照: