プロファイルグループ

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > ダイアグラム > ツールボックス >

プロファイルグループ

プロファイルグループにはUMLプロファイルを定義・編集するための要素が含まれています。独自にプロファイルを定義する際に利用するステレオタイプやタグ付き値の定義を効率よく行うことができます。

 

画像

説明

プロファイルはUMLプロファイルを定義するための基礎となる要素です。

 

ステレオタイプは要素の振る舞いや種類を変えるためのメカニズムを提供します。

 

メタクラスはインスタンスがクラスであるクラスを作成するために利用されます。メタクラスはメタモデルを構築するために利用されることが多いです。

 

列挙要素は列挙値を定義するために利用されます。特定の種類の範囲に対応する名前で構成されます。

 

プロファイルエディタには、以下のような便利な機能が含まれています。

 

  • MDGテクノロジーの定義に便利なモデルテンプレートの作成
  • UMLプロファイル内にステレオタイプを追加するためのウィザード
  • ツールボックス定義の作成支援
  • ツールボックスの内容の作成支援
  • ダイアグラム定義の作成支援

 

拡張の関係は1つあるいは複数のメタクラスを拡張することを示します。それぞれのステレオタイプ要素には、必ず1つ以上のメタクラス要素との拡張の関係を持つ必要があります。

 

汎化の関係はあるステレオタイプが別のステレオタイプと汎化の関係にあることを示します。一般的なステレオタイプはメタクラスとの関係が定義されていなければなりません。

 

タグ付き値の関係は元側のステレオタイプが、先側の要素の種類への参照(RefGUID)のタグ付き値を持つことを示します。タグ付き値の名前はターゲット側の関連端名(役割名)が利用されます。この関係のターゲット側の要素以外の要素をこのタグ付き値に格納することはできません。

 

注意:

  • ツールボックスのそれぞれのグループ内で右クリックし、「ラベルの表示」「ラベルの非表示」を選択することで、上の図のような「アイコン+ラベル(名前)」とアイコンの身の表示を切り替えることができます。
  • 要素を作成する場合には、要素のアイコンをクリックしたあと、開いているダイアグラムをクリックして追加してください。要素がモデルブラウザにも追加され、その後名前などの項目を設定します。あるいは、ドラッグ&ドロップでも追加することができます。
  • 接続の作成の際には、起点となる要素と終点となる要素を選択する必要があります。ツールボックスのアイコンをクリック後、起点の要素をクリックし、終点となる要素までドラッグしてください。

 

 

参照:

 

.