有償ライセンスで利用できる機能

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  プロジェクトファイルとリポジトリの管理 > Proクラウドサーバの利用 >

有償ライセンスで利用できる機能

Proクラウドサーバは、無料でもある程度の機能を利用することができますが、有償のライセンスを購入することで利用できる機能が増えます。このページでは、それぞれの機能の概要を紹介ます

 

注意:

Proクラウドサーバのライセンスには、動作可能なサーバの情報が含まれます。ライセンスをインストールしているサーバを変更する場合には、新しいサーバにて「ライセンスの新規申請ダイアログ」で情報を取得し、販売窓口まで送付してください。ただし、それぞれのライセンスにつき、サーバ変更は1回のみ可能です。

 

 

WebEA

Enterprise Architectの利用者から多くの要望が寄せられている機能の一つとして、Enterprise Architectで作成したモデルをモバイルデバイスやEnterprise Architectがインストールされていないマシンから参照する機能です。

 

WebEAはPHP, JavaScriptおよびCSSを利用して作成された、Enterprise Architectのモデルを見やすい形にしてWebブラウザで見ることができる機能です。モデルの参照にあたり、特別なハードウェア・ソフトウェアや追加のライセンスは不要です。

 

WebEAは多くのオプションが設定可能で、モデルの参照方法や表示したモデルに対するアクションの指定などが可能です。

 

 

WebConfig

Proクラウドサーバの 'WebConfig' 機能は、Proクラウドサーバの設定をWebブラウザで行うための機能です。Windowsアプリケーションの設定ツールの代替となります。

Webブラウザから、Windowsアプリケーションの設定ツールと同じようにプロジェクトの設定やポートの設定などを行うことができます。

 

 

プラグイン

Server Based Plugin Interface (SBPI)はProクラウドサーバを拡張することのできる仕組みです。このプラグインの仕組みを利用することで、Enterprise Architectの要素と他の外部ツールでのデータを結びつけ、Enterprise Architectの画面内から外部ツールのデータを参照することができるようになります。

 

 

可視レベル

「可視レベル」とはEnterprise Architectのモデルの一部について、ユーザーが参照することができるかどうかを指定するための仕組みです。Proクラウドサーバで管理されているモデルでこの機能を利用することができます。可視レベルの機能は、Oracle8以降およびSQLServer 2016で利用できる行レベルセキュリティの機能を利用して実装しています。

 

行レベルセキュリティとはデータベース内のテーブルについて、行単位でのユーザーごとのアクセス権が設定できる機能です。今までのDBMSでは、テーブル単位で読み書きと追加削除のアクセス権を設定することができました。行レベルセキュリティの機能が利用できるようになると、スクリプトやデータベースの直接参照などによるアプリケーションによってセキュリティを回避することができなくなります。つまり、データベースから取得できる内容が、そのユーザーが利用可能な情報であることになります。

 

行レベルセキュリティの機能はDBMSの機能として実装されているので、Enterprise Architectの処理側にあまり影響を与えずに利用できます。APIやアドインについても影響が少ないと考えられます。

 

 

OSLC

Open Services for Lifecycle Collaboration (OSLC)はHTTP通信で、異なるツールのデータを連携させることができるオープンな仕様です。Enterprise Architectでは、プロジェクト内の要求要素の参照・編集・削除が可能です。

OSLCクライアントから利用する場合には、以下のようなURLになります:

 

<protocol>://<server>:<port>/<model_name>/oslc/sp/

 

例えば、同じマシンで動作しているクラウドサーバの内容をOSLCで参照する場合には、以下のようなURLになります。:

 

http://localhost:804/model/oslc/sp/

 

OSLC RESTful API

OSLC RESTful API (OSLC Architecture Management v2.0) は、Enterprise Architectのクラウド上のプロジェクトに対して、幅広い内容の参照と編集が可能です。

 

参照: