ページ単位 レイアウト

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > ダイアグラム > 要素の自動レイアウト >

ページ単位 レイアウト

ページ単位レイアウトでは、それぞれのページ(印刷単位)をセルに区切って、そのセルの中に要素を格納するような配置を行います。セルの数はパラメータによって決まります。

 

 

 

レイアウトを実行する手順は次の通りです。:

 

手順:  

#

操作方法

1

通常のダイアグラムのレイアウトの手順に従って操作を行い、手順の3のところで「ページ単位」を選択して下さい。

2

「ソート:」のドロップダウンリストからソートの順序を指定して下さい。選択可能な項目は次の通りです。:

  • なし - 要素の順序は、現在のダイアグラム内の位置によって決まります。左から右・上から下の順序で並びます。
  • 領域 (昇順) - 要素の大きさの順に並びます。小さい要素から大きな要素の順です。
  • 領域 (降順) - 要素の大きさの順に並びます。大きい要素から小さな要素の順です。
  • 名前 (昇順) - 要素の名前の順序に並びます。
  • 名前 (降順) - 要素の名前の逆順に並びます。
  • 要素の種類 - 要素の種類ごとに分類され、並びます。

3

「間隔 (px)」は、配置位置を決める「セル」の間隔を指定します。単位はピクセルです。

4

また、次のいずれかの設定を選択して下さい。:

  • 自動的にセル数を計算して配置: 最適なセルの数を自動的に計算して配置します。要素の幅・高さが最大の要素を基準に計算します。
  • セル数の指定: セル数を指定します。

5

「セル数の指定」を選択した場合には、の値を指定して下さい。

6

「要素をなるべく中心に配置」にチェックを入れると、それぞれの要素をセルの中心に配置します。チェックを入れない場合には、セルの左上に配置します。

7

開始ページの欄には、配置を開始するページを指定します。一番左上の領域が含まれるのが1ページ目で、横方向に2ページ目・3ページ目と計算します。