ObjectType 定数値

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  API・アドイン・スクリプト > API > リファレンス > 列挙型定数値 >

ObjectType 定数値

基本的な利用方法

ObjectType定数値はEnterprise Architectのオブジェクトの種類を判別するために利用されます。

 

例:

EA.ObjectType treeSelectedType = repository.GetTreeSelectedItemType();

switch (treeSelectedType)

{

    case EA.ObjectType.otElement:

    {

        // Code for when an element is selected

        EA.Element element;

        element = repository.GetTreeSelectedObject() as EA.Element;

 

        break;

    }

 

    case EA.ObjectType.otPackage:

    {

        // Code for when a package is selected

        EA.Package package;

        package = repository.GetTreeSelectedObject() as EA.Package;

         

        break;

    }

}

 

 

有効な値

有効な定数値は以下の通りです。それぞれの値が指す要素は、先頭のotを削除したEnterprise ArchitectのAPIのオブジェクト型に一致します。otNoneは利用されていません。