ツールボックス

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > ダイアグラム >

ツールボックス

ツールボックスは要素や要素間の接続を現在のダイアグラムに追加するために利用します。

 

ツールボックスはいくつかの分類がされています。メニューボタンを押すと内容を切り替えることができます。ツールボックスの内容は、内容を常に表示させることもできます。MDGテクノロジーやUMLプロファイルを利用している場合には、定義されているグループが選択可能になります。

 

ダイアグラムを開いたときには、そのダイアグラムの種類に対応するツールボックスが自動的に開かれます。なお、この開かれるツールボックスの内容のみを使わなければならないということではありません。必要に応じて、他のツールボックス内の要素や接続を利用することもできます。変更する場合には、パースペクティブを切り替える必要があります。

 

 

利用手順:

リボン

モデル > ダイアグラム > ツールボックス

キーボード

Ctrl + Shift + 3

その他

ダイアグラムの見出し部分の左端にある あるいは アイコンを押すと、表示を切り替えられます。

 

 

例:  

 

項目

説明

ツールボックスから要素を探す

利用したい要素や接続がどのツールボックスに入っているかわからない場合には、「ツールボックス項目の検索」ダイアログを利用することをお勧めします。ツールボックスの上部にある ボタンを押すと、このダイアログが表示されます。既定の状態では、現在利用できる全てのツールボックスの名前が表示されます。

 

 

表示される内容は必要に応じて増やすことができます。見出し部分を右クリックし、「利用可能な表示項目」を選択してください。表示可能な列の見出しが表示されますので、ドラッグ&ドロップで一覧内の見出しに配置してください。

それぞれのツールボックスのタイトル部分をクリックすると、その中身を表示できます。

 

この一覧に表示される内容を、絞り込むことができます。以下のいずれかの方法になります。

  • 検索単語欄に入力
  • 虫眼鏡のアイコンが表示されている行に文字列を入力することで、内容を絞り込むことができます。
  • 上記の両方を組みあせることも可能です。

 

文字列を入力すると、すぐに表示される内容がフィルタされ、条件に合致する内容のみが表示されるようになります。なお、それぞれのツールボックスの内容を展開していない場合には、条件に合致する要素や接続があるとしてもツールボックス名のみが表示されます。ツールボックス名に指定された文字列が含まれていなくても、その中の要素や接続が条件に該当する場合には、ツールボックス名が表示されます。

 

利用したい要素が見つかったら、対象の要素を選択してから「ダイアグラムに配置」ボタンを押すことで、開いているダイアグラムに要素を配置できます。一覧から項目をドラッグし、ダイアグラムにドロップして配置することもできます。また、ダイアグラムだけでなく仕様ビューにドロップすることも可能です。

 

選択したツールボックスを利用できるように、ツールボックスの内容を更新することもできます。以下のいずれかの操作を行います。

  • 「ツールボックスの表示」ボタンを押す
  • 一覧内の項目をダブルクリックする
  • 右クリックし「ツールボックスの表示」を実行する

 

右クリックメニューからは、以下の操作も可能です。

  • 対象のダイアグラムを常に表示する
  • フィルタバーにカーソルを移動し、フィルタの内容を入力・編集する
  • フィルタバーを隠す
  • 表示されている内容を展開あるいは折りたたむ

現在開かれているツールボックス内の検索

現在開かれているツールボックス内で要素や接続を検索するには、単に「Search」と表示されている検索欄に、該当する単語を入力してください。該当の文字列を名前に含む項目のみに絞り込まれて表示されます。

入力欄の端の×ボタンを押すと、入力した内容が削除されます。

この機能は、自分がよく使う複数のツールボックスを「常に表示」している場合に検索したい際に便利です。

選択可能な全ての内容から選ぶ

ツールボックス右上にあるメニューアイコン( ハンバーガーアイコン)をクリックすると、利用可能な全てのツールボックスの名前が表示されます。画面に入りきらない場合には、スクロールして内容を確認できます。パースペクティブを指定している場合には、そのパースペクティブで利用可能な内容のみが表示されます。名前をクリックすると、そのツールボックスの内容が表示されます。

 

項目を選択すると、多くの場合には次のようなグループに分かれて内容が表示されます。:

 

もし「<既定値>」の内容を選択した場合、開かれているダイアグラムの種類に応じたツールボックスが表示されます。ダイアグラムが開かれていない場合には、「共通」「共通 接続」および「拡張要素」のみが表示されます。

 

 

要素や接続の作成:

#

操作方法

1

対象のダイアグラムを開きます。

2

追加する要素や接続が、現在のツールボックスの内容に含まれていない場合には、メニューボタンをクリックして、希望するグループを選択してください。希望する内容がない場合には、パースペクティブを切り替える必要があります。

 

Enterprise Architectが既定値として持っているグループの場合には、<種類> 要素, <種類> 接続 および 共通のグループが表示されます。

<既定値>の項目を選択した場合には、現在のダイアグラムに関連するグループが表示されます。共通サブグループは常に表示されます。

3

対象の要素や接続を選択してください。

4

要素を選択した場合には、ダイアグラム内の要素を作成する位置をクリックしてください。

5

接続を選択した場合には、対象となる要素間をドラッグしてください。

なお、接続を選択後、要素からドラッグを開始し、要素のないところでドラッグを終了した場合には、自動的にクイックリンク機能が動作し、メニューが表示されます。

6

必要に応じて要素の名前を設定します。要素接続をダブルクリックすることで、プロパティを編集することができます。

 

 

ツールボックスからモデルブラウザに要素を作成する

ツールボックス内の要素をクリック後、モデルブラウザ内のパッケージや要素など作成対象となる位置をクリックしてください。さらにもう1回クリックすると確定となり、要素を追加できます。

なお、接続やノート要素などモデルブラウザに表示されない要素は、この方法では作成できません。

 

 

注意:

  • ツールボックスからパッケージ要素をダイアグラム内に配置した場合には、パッケージの追加ダイアログが表示されます。中にダイアグラムを追加する選択をした場合には、パッケージ要素をドロップしたダイアグラムと同じ種類のダイアグラムが自動的に選択された状態になります。
  • もし、同じ種類の要素を続けて作成したい場合には、最初に対象の種類の要素を1つ作成した後に、[Shift]+[F3] あるいは [Ctrl]+クリックを実行してください。接続の場合には、[F3]キーで同じ種類の接続を続けて作成できます。
  • ステレオタイプが設定されていない要素に対して、ツールボックス内のUMLプロファイル(MDGテクノロジー)で定義された要素をドラッグすると、そのステレオタイプを適用することができます。
  • この場合に、対象の要素がすでにステレオタイプを持っている場合には、このドラッグ&ドロップ操作でステレオタイプに関連するプロファイルで定義されているタグ付き値の内容を更新することができます。
  • Enterprise Architectの既定値では、ツールボックスにBPMNなどの内容も表示されます。これは、パースペクティブを設定していないことが理由です。
  • 必要に応じて、ツールボックス全体を ツールボックスの表示・非表示ボタンで隠したり、表示させたりすることができます。
  • それぞれのダイアグラムには既定のグループがあり、自動的にそのグループが表示されます。しかし、別のグループを選択することで、UMLの規約には合致しないような要素を自由にダイアグラムに追加することもできます。
  • パッケージ要素をツールボックスから配置した場合には、モデルブラウザに新しいパッケージが追加されます。パッケージ名と同じ名前のダイアグラムを作成することもできます。

 

 

参照: