プロパティダイアログ

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > 要素 > 要素のプロパティ >

プロパティダイアログ

それぞれの要素には、さまざまな情報を保持することができます。プロパティサブウィンドウやプロパティダイアログから設定できる内容には、以下のような内容があります。

 

 

この章では要素のプロパティとその設定方法・要求・制約・接続・シナリオ・タグ付き値・関連ファイル・分類子などについて説明します。

 

 

利用手順:  

ダイアグラムやモデルブラウザで対象の要素を選択:

リボン

モデル > 要素 > サブウィンドウ > プロパティダイアログ

コンテキストメニュー

要素を右クリック | プロパティ | プロパティダイアログ

キーボード

  • Alt + Enter
  • Shift +Enter

その他

ダイアグラム内の要素をダブルクリック

 

 

項目

説明

プロパティダイアログを表示する

上記の利用手順のいずれかでプロパティダイアログを開くことができます。

グループ

プロパティダイアログの左側には、ツリー形式でグループが表示されます。それぞれのグループの詳細は以下のページをご覧ください。

 

タグ付き値要素のファイルと分類子境界要素の外見については、リンクの詳細をご覧下さい。

プロパティダイアログでは一部の項目(グループ)は表示されません。プロパティサブウィンドウからは全ての内容を参照・編集できます。

 

 

ボタン

プロパティダイアログのどのページでも、以下のボタンを利用できます。

項目

説明

OK

このボタンを押すと、変更内容を保存してダイアログを閉じます。

キャンセル

このボタンを押すと、変更内容を破棄してダイアログを閉じます。

適用

このボタンを押すと、変更内容を保存しますが、継続してダイアログを利用することができます。

ヘルプ

ヘルプを表示します。

 

 

注意:

  • プロパティダイアログは、要素の種類によって表示内容に違いがあります。以下はその一例です。
  • テーブル要素およびストアドプロシージャ要素では、「基本」タブの他に「テーブルの詳細」タブが表示されます。
  • 上記以外のクラス要素は、「基本」タブのみが表示されます。
    (共通で表示される「タグ」タブなども表示されます)
  • サブジェクト(境界)要素は、独自のプロパティダイアログが表示されます。

 

  • アドインが有効になっている場合には、ダイアグラム内の要素のダブルクリックで、アドイン独自のプロパティダイアログが表示される場合があります。
  • プロパティダイアログの大きさは変更することができます。ダイアログの大きさを大きくすると、ノートなどの入力欄が拡大しますので便利です。
  • 「責務」グループ以下の「要求」「制約」「シナリオ」「ファイル」の4つのグループは、責務サブウィンドウでも内容を参照できます。
  • 「全般」グループの「タグ」タブは、独自に追加したタグ付き値が表示されます。
  • プロファイルで定義されている独自のタグ付き値は、プロファイル名のタブに表示されます。
  • 要素のインスタンスの場合には、その分類子(型)の情報が表示される項目もあります。
  • 対象の要素が、UMLプロファイルやMDGテクノロジーで定義された要素の場合には、これらの独自の属性を参照・設定できる独自のグループが追加されます。