要素の分類子

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > 要素 >

要素の分類子

利用方法

 

UMLモデルの多くの要素はクラスのインスタンスです。

例えば、オブジェクトやアクター・シーケンス図のオブジェクトなどです。これらのオブジェクトは実行時のシナリオの実際のものを表しています。

例えば、山田太郎という名前の人がいる場合には、UMLでは「山田太郎 : 人」と表現されます。

 

モデルの開発がラフスケッチから詳細なレベルまで進むにつれて、多くのオブジェクトが定義されるクラスの例になります。

つまり、初期の分析段階では、「山田太郎」と「鈴木次郎」をモデルするのですが、その後、「人」という共通のクラスを定義し、その二人はそのクラスをインスタンス化したものであると考えます。

 

Enterprise Architectでは、テンプレートやクラス(分類子)とオブジェクトを関連付けることができます。これにより、オブジェクトの実行時の機能や要求・関連した状態を把握し、モデルの表現力を大きく増すことができます。

 

例えば、年齢・名前・住所および性別といった属性を人クラスに設定し、GetAge(年齢取得)やGetName(名前取得)などの機能を追加したとします。その後、すでにあるオブジェクトを人クラスと関連付けたときに、そのオブジェクトは人クラスの振る舞いと状態を持つことになります。

 

クラスなどの分類子をモデルブラウザからダイアグラム内にドロップする場合には、分類子そのものとして「そのまま配置」するか、あるいはその要素のインスタンスとして配置するかを選択することができます。

 

上の図では、ノードと、そのノードのインスタンスの例です。右側が分類子を持つインスタンスです。

 

無名のインスタンスの場合には、: <分類子名> と表示されます(分類子名の前にコロンが表示されます)。インスタンスの名前がある場合には、 <インスタンス名> : <分類子名> と表示されます。

 

ヒント:

これは、分析段階から詳細設計段階へモデルを移行する際の強力な手段になります。

 

注意:

  • オブジェクトとは、実行時における分類子のインスタンスです。そのため、オブジェクトは分類子で定義された特性を保持します。分類子のインスタンスを右クリックし、属性や操作のプロパティダイアログを表示させると、分類子に関するプロパティダイアログが表示されます。
  • 同様に、シーケンス図に分類子のインスタンスをライフラインとして配置した場合にはそのライフラインへのメッセージについてドロップダウンリストから分類子が持つ操作を選択することができます。メッセージのプロパティダイアログでは、関連する分類子が継承する操作をメッセージとして選択することもできます。

 

 

参照: