問題

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  プロジェクト管理 > 保守とバグ管理 > 変更・バグ・問題 >

問題

問題 (バグ)要素はシステムやモデルに関係する、バグや問題についての情報を含むコメントです。現在のシステムで定義された要求と照らし合わせた結果、間違っている点ともいえます。Enterprise Architectでは要求を管理するのと同じ方法で、問題要素を作成し管理することができます。

 

 

関係する要素については、実現の接続を利用して関連づけます。また、問題点を階層化する場合には集約の接続を利用します。

 

問題要素には状態を設定することができます。設定した状態に応じた色が、要素の左端の領域に表示されます。問題要素の右上に「I」の文字を表示し、問題要素であることを明確にすることもできます。この文字の表示設定は、ユーザーのオプションダイアログの「要素」グループにある「カスタム要素を区別する記号を表示」で設定できます。チェックを入れると表示されます。

 

問題要素はほぼすべてのダイアグラムに配置することができます。保守ダイアグラムは、問題要素の作成や管理・表示のための図です。カスタム図を利用することもできます。ツールボックスから要素を作成できるほか、既存の要素をモデルブラウザから配置することもできます。

 

 

ツールボックスを利用して問題要素を作成する

ツールボックスを利用して問題要素を作成するには:

#

操作方法

1

カスタム図を開きます。

2

ツールボックスのカスタムグループから、問題のアイコンをダイアグラム内にドロップします。

3

必要に応じて詳細情報を入力します。

 

 

新規要素の追加ダイアログの利用

#

操作方法

1

モデルブラウザ内のパッケージを右クリックします。

2

「要素の追加」 を実行します。要素の追加ダイアログが表示されます。

3

「種類」 として、ドロップダウンリストから「問題」を選択します。ドロップダウンリストに「問題」が含まれていない場合には、「分類」横の「選択」ボタンを押して「拡張 > 保守」グループを指定してください。

4

名前を入力します。

5

作成ボタンを押します。

 

 

参照: