ノート

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 >

ノート

ノートは要素やダイアグラム・属性・操作などについての説明を記述します。テキストとしての対象を説明する形式から、特にモデリング初心者にはその位置づけが軽視されがちです。しかし、UMLやSysML・BPMNなど多くの記法において、ノートに記述する内容は内容を理解するために重要な位置づけです。ノートの記述がないとモデルの内容を正しく把握することが困難です。ノートの内容を形式的に読みやすく書き、冗長な内容を含めないようにすることが重要です。

 

 

ノートサブウィンドウの利用

ノートサブウィンドウを利用することで、さまざまな対象のノートの内容を参照・編集することができます。ノートサブウィンドウを表示させて他のウィンドウと接続しておくか、独立したウィンドウとして画面のどこかに配置しておくと、要素などを選択した場合にノートの内容が表示されますので便利です。上部に表示されるツールバーを利用して、書式を調整することができます。書式は、ドキュメントとして出力する場合にそのまま反映されます。用語集の用語や他の要素へのリンクなどもノートに含めることができます。ノートの内容を素早く編集できるクイックノート機能も有用です。

 

ノートサブウィンドウを表示しておくと、モデルブラウザやダイアグラムなどで要素などを選択した場合に、その選択した対象のノートを素早く確認し、編集することができます。画面の解像度が狭いなどの理由でノートサブウィンドウを常に配置するのが適切ではない場合には、クイックノート機能が便利です。クイックノートは、ノートサブウィンドウからツールバーやボタンをなくしたシンプルな画面です。書式は、右クリックメニューから適用できます。クイックノートのウィンドウの外部をクリックすると、内容を自動的に保存し画面を閉じます。

 

 

ノートサブウィンドウには2つの形式があります。

 

 

 

 

クイックノートは 「Ctrl+スペースキー」を押すと表示され、対象の要素のノートを編集できます。「見出し」が表示される項目が対象の場合は、最初の見出しの内容が編集できます。

 

 

要素に割り当てられた項目が対象の場合には、結果や履歴の内容が表示されます。

 

複数言語機能が有効になっている場合には、ノートサブウィンドウは「主言語」と「翻訳」の2つのタブを持ちます。「主言語」は、複数言語機能を利用したい場合のノートの内容と同じ内容です。

 

Proクラウドサーバの外部ツールとの連携機能を利用している場合には、外部ツールで定義された項目を選択すると、ノートサブウィンドウにその概要が表示されます。

 

ノートサブウィンドウの表示に利用するフォントは変更することができます。表示に関する設定ダイアログの「ノートエディタのフォント」を変更してください。

 

 

利用手順:

リボン

  • ホーム > 画面と設定 > 設計 > ノート
  • モデル > 要素 > サブウィンドウ > ノート

コンテキストメニュー

対象の要素を右クリックし、 「プロパティ | ノート」 を選択

キーボード

  • Ctrl + 3
  • Ctrl + Space
  • Shift + Space
  • Alt + 1 : ノート
  • Alt + 5 : ノート

 

項目

説明

用語の利用

ノートサブウィンドウでは、 プロジェクトの用語集に用語を登録したり、用語集から引用して配置することができます。

 

登録する場合の手順は次の通りです。

 

  1. もし、用語の説明として利用したい文章がある場合には、事前に文章を選択して [Ctrl+C]を押し、内容をクリップボードにコピーします。
  2. 用語として登録したい単語を選択し、右クリックします。
  3. 「生成 | 用語集の用語」を実行します。用語の詳細ダイアログが表示されます。用語の欄には選択した文字列が設定されています。
  4. もし、先ほど説明として利用する文章がコピーしていた場合には、「説明」の欄に貼り付けます。そうでない場合には、説明文を入力します。
  5. 「種類」の欄で用語の種類を指定します。
  6. 適用ボタンを押して入力内容を保存します。

 

設定した用語はノートサブウィンドウの中では下線付きで表示され、マウスカーソルを乗せるとその説明(の一部)がポップアップして表示されます。

 

注意:

用語を認識する機能を利用するためには、Enterprise Architectのインストール時に「日本語文字列解析」の機能を有効にする必要があります。「日本語文字列解析」の機能が有効でない場合には、用語の前後に半角スペース文字を入れると認識します。

 

登録した用語は、ノートサブウィンドウやプロパティダイアログのノート欄で呼び出して利用することができます。また、 Ctrl+クリック で定義を表示することができます。以下のいずれかの方法で利用できます。

 

  • 用語の内容をそのまま入力します。
  • 用語自体が正確にわからない場合には、以下の方法で選択入力できます。
  1. 用語を挿入する位置にカーソルを移動します。
  2. Ctrl+スペースキーを押すと、用語の選択ダイアログが表示されます。
  3. ダブルクリックして用語を挿入します。

生成 | 選択内容から新規要素を作成

この項目を選択すると、選択している文字列を名前とする要素を作成することができます。

  1. このメニュー項目を実行します。
  2. 要素の追加ダイアログが表示されます。「名前」の欄には、選択されていた文字列が設定されます。  
  3. 必要に応じて、要素の種類などの設定を変更し、保存ボタンを押してください。要素が追加されます。ダイアグラムを開いている場合には、ダイアグラムに配置することも選択できます。
  4. ダイアログを閉じると、要素を作成して配置します。選択していた文字列には、自動的に作成した要素とのリンクが設定されます。

生成 | 選択内容を名前とする要素を作成

この項目は、「選択内容から新規要素を作成」とほぼ同じですが、選択されている文字列にリンクが作成されない点や、作成する要素の詳細な設定ができない点が異なります。

  1. このメニュー項目を実行します。
  2. サブメニューに、作成可能な要素や接続が表示されます。この内容は、ツールボックスの内容と同じです。
  3. 対象の種類を選択すると、マウスカーソルの形が変わり、ダイアグラム内をクリックすることでその名前を持つ要素を配置できます。

 

なお、この方法で接続を作成することもできますが、接続の場合には名前は反映されません。(ツールボックスから作成する場合と同じ動作になります。)

生成 | 既存要素へのリンク

この項目を選択すると、既存の要素を選択して、選択文字列にリンクを設定することができます。リンクが設定されると、リンクの上にマウスカーソルを配置した際に、リンクされている要素に関していくつかの機能を呼び出すことができます。

(参考:分類子や型などの指定

複数言語 | 語順を変えず翻訳する

自動翻訳の機能が有効になっている場合に、エディタ内の文字列を選択した状態で右クリックしてこの項目を呼び出すと、選択範囲について語順を変えずに翻訳するように設定します。用語集の用語として登録することで、語順情報を保持します。

 

この機能は、メニューの構成や操作の手順など、その内容の順序に意味がある場合に有効です。翻訳ツールによっては、内容の語順を調整して翻訳する場合があり、結果的に内容がわからなくなってしまう場合があります。こうした場合のための機能です。

(参考:ノートの内容の翻訳)

複数言語 | 自動翻訳の対象にしない

自動翻訳の機能が有効になっている場合に、エディタ内の文字列を選択した状態で右クリックしてこの項目を呼び出すと、対象の文字列は自動翻訳の対象外となります。対象の文字列が固有名詞である場合など、翻訳すると意味が通じなくなる場合に利用する機能です。

検索 対象 <'選択文字列'>

選択された文字列を利用して、Enterprise Architectの検索機能や外部の検索サイトを呼び出すことができます。

また、プロパティダイアログのノート欄に限り、「Ctrl+F」 を押してノート欄に含まれる文字列の検索ができます。

元に戻す

切り取り

コピー

貼り付け

削除

すべて選択

ノートの内容を編集できます。

印刷

この項目を選択すると、ノートの内容を印刷できます。

類語辞典

文字列を選択した状態で右クリックし、 類語辞典 を選択すると、類語辞典(シソーラス)を呼び出すことができます。

なお、この類語辞典は英語(英単語)のみに対応しています。日本語には対応していません。類義語を選択してOKボタンを押すと、選択されていた文字列が、選択した類義語に置換されます。

 

 

ノートエディタ内でのキー操作

項目

キー

説明

文字列の方向の変更

Ctrlキーを押しながら
左右のSHIFTキーを押す

ノート欄の文字列を、左から右に記載するか、それとも逆にするかを選択できます。方向は、段落ごと(改行で区切られる範囲)ごとに指定できます。

Ctrlキーを押しながらキーボード左側のSHIFTキーを押すと、左から右に文字列を描画します。(既定値)

Ctrlキーを押しながらキーボード右側のSHIFTキーを押すと、右から左に文字列を描画します。

日時の挿入

F5

カーソル位置に日時を挿入します。Enterprise Architect日本語版での形式は以下の通りです。

 

YYYY/MM/DD HH:MM:SS

スペルチェック

F7

スペルチェックを実行します。Enterprise Architect日本語版では利用できません。

元に戻す

Ctrl+Z

編集内容を元に戻します。

やり直す

Ctrl+Y

Ctrl+Shift+Z

元に戻した編集内容を再適用します。

コピー

Ctrl+C

選択されている文字列をクリップボードにコピーします。

貼り付け

Ctrl+V

クリップボードの内容を貼り付けます。Enterprise Architectが対応していない内容を貼り付けた場合には、正しく表示されなかったり、保存されなかったりします。

切り取り

Ctrl+X

選択されている文字列をクリップボードにコピーし、削除します。

 

 

参照: