パッケージ内に直接要素を追加

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > 要素 > 要素に関する操作 >

パッケージ内に直接要素を追加

パッケージに新しい要素を追加する場合には、ダイアグラムを表示させずにすばやく追加することもできます。これは、ダイアグラム内で表現する必要はないが、要素として定義する要求・変更点・問題点・既定クラスやその他の要素をまとめて追加するのに便利な方法です。

 

 

利用手順:  

リボン

モデル > 要素 > 追加 > 要素の追加

コンテキストメニュー

パッケージを右クリック | 要素の追加

その他

モデルブラウザのツールバーをクリックすると表示されるメニュー | 要素の追加

 

 

詳細:

項目

説明

分類

パースペクティブと、追加する要素のグループが表示されます。

必要に応じて、パースペクティブを変更し、作成したい要素が含まれるグループを指定してください。

選択(ボタン)

種類のドロップダウンリストに含まれる要素以外を作成した場合には、このボタンを押して対象のグループを選択します。

名前

要素の名前を入力します。

自動

このボタンを押すと、自動カウンターで定義された内容に沿って名前を自動設定します。

すでに名前を設定してある場合には、その名前を上書きします。

種類

ドロップダウンリストから、作成したい要素の種類を選択します。

リストに表示される内容は、「分類」の設定によって変わります。

ステレオタイプ

必要に応じて、要素のステレオタイプを指定することもできます。

現在のダイアグラムに配置

ダイアグラムを表示しているときには、現在のダイアグラムに配置にチェックを入れることで現在表示しているダイアグラムにすぐに配置することができます。

 

なお、ダイアグラム内でショートカットキーMを押してこのダイアログを表示させた場合には、この項目にはチェックが入っていて、動作を変更することはできません。常にダイアグラムに配置されます。

保存

設定内容を保存し、ダイアログを閉じます。

もし、ダイアグラム内でショートカットキーM を押してこのダイアログを表示させた場合には、このボタンを押すと要素を作成し、さらに継続して別の要素を作成することができます。

保存して終了

ダイアグラム内でショートカットキーM を押してこのダイアログを表示させた場合に選択できます。

設定内容を保存し、ダイアログを閉じます。

キャンセル

要素を作成せず、このダイアログを閉じます。

 

 

注意:

ドロップダウンリストの内容は、ツールボックスのグループを元に設定されます。UMLプロファイルやMDGテクノロジーが有効になっている場合には、これらの追加情報も表示されます。作成したい要素が含まれていない場合には、パースペクティブを適切に選択し、希望するグループを指定してください。

 

 

参照: