ダイアグラムの新規作成

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > ダイアグラム > ダイアグラム内の操作 >

ダイアグラムの新規作成

このページでは、どのようにUMLのダイアグラムやEnterprise Architect独自のダイアグラム・MDGテクノロジーのダイアグラムを作成するかを説明します。

 

 

手順:  

#

操作方法

1

ダイアグラムを追加する対象となるパッケージ要素をモデルブラウザで選択します。

2

以下のいずれかの操作を行います。

 

  • モデルブラウザ上のツールバーから ダイアグラムの追加 のアイコン()をクリックする
  • パッケージを右クリックし、コンテキストメニューから 「ダイアグラムの追加」 を選択する
  • 「モデル」リボン内の「ダイアグラム」パネルにある「新規作成」ボタンを押す

 

ダイアグラムの追加ダイアログが表示されます。

3

「パッケージ」の欄には、作成先となるパッケージの名前が表示されています。必要に応じて、他のパッケージを指定することもできます。

4

「名前」の欄には既定値でパッケージの名前が設定されています。必要に応じて、ダイアグラムの名前を入力して下さい。

5

「分類」の一覧の上にある、パースペクティブの選択を確認し、必要に応じて変更してください。パースペクティブの選択に応じて、作成可能なダイアグラムの種類が決まります。

6

左側の「分類」の一覧で項目を選択すると、右側の「種類」の一覧に利用できるダイアグラムの名前が表示されます。

表示されたダイアグラムの名前から、作成するダイアグラムを選択します。

選択すると、そのダイアグラムの簡単な説明が表示されます。

いくつかのダイアグラムでは、右側の一覧のダイアグラムの種類に子項目があり、「ビュー」を指定できます。ビューは、利用できる要素や種類を絞り込んだものです。

7

OKボタンを押すとダイアグラムが生成されます。

なお、この際に、テンプレートパッケージ内に同じ種類のダイアグラムが存在するかどうかのチェックを行います。存在する場合、テンプレートパッケージ内のダイアグラムのオプション設定を、作成したダイアグラムにも反映します。

 

注意:

  • 左側の分類の一覧に何も表示されない場合には、適用されているパースペクティブが対象としている記法が有効になっていません。「パースペクティブの切り替え」ページの「注意」欄に記載の方法で、利用したい記法を有効にしてください。
  • セキュリティ(アクセス権)機能が有効の場合には、ダイアグラムの作成と削除のアクセス権が必要です。
  • ダイアグラムの種類により、ダイアグラムを開いたときに表示されるツールボックスの中身が決まります。

 

 

参照: