用語集

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 >

用語集

注意:

このページで説明している、用語の自動認識機能を利用するためには、Enterprise Architectのインストール時に
「日本語文字列解析」の機能を有効にする必要があります。

 

用語集ではプロジェクトについての定義済みの用語の一覧を作成することができます。また、定義した用語は、要素などのノート欄やシナリオの中で自動的に認識し、区別できるように表示されます。マウスカーソルを乗せることで、内容を確認することができます。

 

 

定義した用語集の内容は、ドキュメントに含めることができます。なお、ドキュメントのテンプレートのカスタマイズの機能を利用することで、書式や内容などを自由にカスタマイズできます。

 

 

利用手順:

リボン

生成・入出力 > ツール > 用語集

キーボード

Alt + 2

 

項目

参照

用語集の項目を追加・編集・削除する

  • 用語集ビュー
  • 用語集ダイアログ

用語の編集

それぞれの用語に対して、用語の種類を定義して用語を分類する

用語の編集

定義した用語をドキュメントに含める

 

ドキュメント生成時に、ノート欄などの用語について、スタイル(書式)を変えて出力する

用語のスタイルの指定

用語の説明で、太字などの書式を利用する

 

ノートサブウィンドウや、要素のプロパティダイアログのノート欄などから、文字列を指定して用語として登録する

ノートサブウィンドウ

ノートサブウィンドウや、要素のプロパティダイアログのノート欄などで、定義済みの用語を挿入する

ノートサブウィンドウ

 

 

注意:

  • 用語の定義を他のプロジェクトに転送するためには、リファレンス情報の出力読み込みの機能を利用します。
  • 用語集の内容を、プロジェクトの要求仕様や機能仕様のドキュメントに含めるという方法もあります。
  • インストール時に「日本語文字列解析」の機能をインストールしない場合には、ノート欄やシナリオでの用語の認識機能は利用できません。