モデルテンプレート

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 >

モデルテンプレート

モデルテンプレートタブでは、さまざまな記法に対応するテンプレートを利用可能です。テンプレートを利用することで、最初にモデルを作成する際に効率よくモデルを作成することができます。モデルテンプレートタブには、内部に5つのタブがあります。

 

 

 

モデルテンプレートのタブでは、利用しているパースペクティブに関係する内容のみが表示されます。テンプレートを選択すると、右側にそのテンプレートの説明が表示されます。

 

 

ここでは、モデルテンプレートのタブについて詳細を説明します。

 

 

利用手順:  

モデルテンプレートタブは、パースペクティブを切り替えると自動的に表示されます。

リボン

モデル > パッケージ > 新規作成 > モデルテンプレートの利用

コンテキストメニュー

パッケージを右クリック | モデルテンプレートの利用

キーボード

Ctrl + Shift + M

その他

モデルブラウザのツールバー :

モデルブラウザのツールバー : > モデルテンプレートの利用

 

 

モデルテンプレートタブ

項目

説明

パースペクティブ

現在のパースペクティブで有効な記法(MDGテクノロジー)と、その記法で定義されているテンプレートが表示されます。

 

「パースペクティブ」と表示されている見出し部分をクリックすると、利用可能なパースペクティブがメニューとして表示され、対象のパースペクティブを切り替えることができます。パースペクティブを選択するとその内容で定義されているテンプレートのみが表示され、また選択したパースペクティブの内容が見出し部分に表示されます。

 

見出し部分をクリックし、「管理 | 全てのパースペクティブを表示」を実行することで、利用可能な全ての記法と、そのテンプレートを表示できます。

 

また、見出し部分の直下にある入力欄に文字列を入力すると、その内容を含むテンプレートのみが表示されます。

 

テンプレートを選択すると、右側にそのテンプレートの説明が表示されます。テンプレートは複数選択して読み込むこともできます。

テンプレートの読み込み

このボタンを押すと、選択したテンプレートを読み込みます。進捗状況は画面に表示されます。読み込み中にエラーが発生した場合には、出力サブウィンドウにその内容が表示されます。

追加先

テンプレートの追加先のパッケージ名が表示されています。タブを開いた段階でモデルブラウザで選択されているパッケージが表示されています。

追加先を変更したい場合には、 ボタンを押して、対象のパッケージを指定してください。

内容の一部を指定して追加

テンプレートが複数のパッケージを含んでいる場合には、どのパッケージを読み込むかを指定することができます。テンプレートの読み込みボタンを押すと、パッケージの選択ダイアログが表示されるようになります。

 

複数のテンプレートを選択して読み込みを実行した場合には、このダイアログが繰り返し表示されます。

 

この項目にチェックを入れない場合には、テンプレートのすべての内容が読み込まれます。

 

テンプレート内にパッケージが1つしかない場合には、このチェックボックスはチェックできません。

選択したパッケージに内容を追加

この項目にチェックを入れると、モデルブラウザで選択されているパッケージにテンプレートの中身のみを追加します。

 

テンプレートを追加する際には、通常は新しいパッケージを作成し、その中にダイアグラムや要素などのテンプレートで定義された内容を作成します。この項目にチェックを入れると、パッケージを作成せずに追加します。モデルルートが選択されている場合にはこの機能は利用できません。

 

注意:

内容がシンプルなテンプレートで内容の選択ができないテンプレートの場合には、「内容の一部を指定して追加」を選択することはできません。

 

 

参照: