独自のモデルテンプレートの追加

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの拡張(SDK) > MDGテクノロジーを独自に定義 >

独自のモデルテンプレートの追加

Enterprise Architectには既定値でいくつかのモデルテンプレートのデータを持っています。

ここで、独自のモデルテンプレートをテクノロジーファイルに追加することができます。

 

利用手順:

MTSファイルを直接編集する必要があります。

 

#

操作方法

1

モデルテンプレートの内容になるモデルを作成します。最上位のパッケージを作成後、そのパッケージ内にパッケージ・ダイアグラム・要素などを配置します。

他のパッケージに含まれる要素を、このパッケージ内のダイアグラムに配置しないようにしてください。

また、他のパッケージに含まれる要素との接続を定義したり、分類子や型として利用しないようにしてください。

2

モデルテンプレートとして利用するパッケージをXMIとして出力します。

 

もし、モデルテンプレートを選択した際に、そのテンプレートの内容を表示させたい場合には、出力したパッケージと同名のファイルで、拡張子をRTFとしたリッチテキスト形式のファイルを作成し、中身を記入してください。XMIファイルと同じ位置に配置してください。

3

テクノロジーファイルをテキストエディタで開き、次の<ModelTemplates>ブロックを<MDG.Selections>ブロックの中に配置します。(「MTSファイルでの作業」のページもご覧下さい。)

 

<ModelTemplates>

  <Model name="Template Name"

         description="This is the description."

         location="MyTemplatePackage.xml"

         default="yes"

         icon = "34"

         isFramework= "false"/>

</ModelTemplates>

 

必要に応じて、ブロックを複数追加することができます。

 

それぞれの属性のみは次の通りです。

  • Model name: モデルテンプレートの名前です。
  • location: フルパスで、モデルテンプレートとして利用するXMIファイルの位置を指定します。ModelPatternsディレクトリからの相対パスでの指定も可能です。
  • 対象のXMIファイルが ModelPatterns ディレクトリに配置されている場合には、ファイル名のみの指定となります。
  • ModelPatterns ディレクトリにサブディレクトリを作成してそこに配置する場合には MyTechnology\MyPattern2.xml のように相対指定となります。
  • 必要に応じて、絶対パスを指定することもできます。 (例, C:\Program Files\MyTechnology\MyPattern3.xml)
  • icon: EAのアイコンリストの番号を指定します。以下、いくつかの良く使われる値です。
  • 29 = ユースケースビュー
  • 30 = 動的ビュー
  • 31 = 論理ビュー
  • 32 = コンポーネントビュー
  • 33 = 配置ビュー
  • 34 = カスタムビュー

(アイコンリストは、Enterprise ArchitectのインストールディレクトリにあるUserImage.bmpです。この画像内の位置を数値として指定しています。)

  • isFramework: モデルテンプレートの利用形態を決めることができます。以下のいずれかの値を指定できます。
  • isFramework="true" - テンプレートの利用時に、モデルテンプレート内の要素や接続のGUIDを変更しません。プロジェクトを超えて、常に固定・共通の内容にしたい場合に指定します。
  • isFramework="optional" - テンプレートの利用時に、GUIDを初期化するかどうかを利用者が選択できます。
  • isFramework="false" - 常にGUIDを初期化します。この設定の場合、同じモデルテンプレートを複数回利用することができます。isFrameworkの設定値の指定がない場合、この値が指定されたと見なします。

4

編集したMTSファイルから、MDGテクノロジーを再度生成してください。なお、モデルテンプレートのファイルと同名で拡張子がrtfのファイルが、モデルテンプレートのタブ内での説明用のファイルとして利用されます。

 

 

参照: