モデル内の探索・検索・追跡

<< 目次を表示 >>

ページ位置:   >

モデル内の探索・検索・追跡

 

この章では、Enterprise Architectのモデルの内容を探索したり、必要な情報を発見したり、関係する情報を発見したり、影響範囲を追跡したりするための機能を説明します。Enterprise Architectの中心となるモデルブラウザは、モデルの情報を階層形式で表示しています。この中で、特定の情報に関連する情報のみを表示したり、影響範囲を追跡したりすることは容易ではありません。そのため、必要に応じてその他の機能を組み合わせます。

 

項目

参照

モデルブラウザやパッケージブラウザを利用して、モデル内の情報を探索することができます。

モデルブラウザ

パッケージブラウザ

既存や独自の検索ルールを利用し、モデル内の要素を検索することができます。

検索ビュー

定義済みの検索ルール

要素間の依存関係や影響範囲などを追跡します。

追跡に関する機能

パッケージ内の要素の情報を一覧形式で参照・編集することができます。

ダイアグラムの一覧形式

パッケージブラウザ

要素間の関係をマトリックス形式で表示・編集することができます。

要素の関係マトリックス

ダイアグラム内の要素に対して、指定した条件の要素を目立たせることができます。

ダイアグラムフィルタサブウィンドウ

トレーサビリティサブウィンドウを利用することで、特定の要素に対しての関係を追跡することができます。

トレーサビリティサブウィンドウ

要素に関する接続の情報を一覧形式で確認できます。

接続ブラウザサブウィンドウ