MDGテクノロジー

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  その他の記法 > UMLを独自に拡張 >

MDGテクノロジー

Model Driven Generator (MDG)テクノロジーではUMLプロファイルやパターン・コード生成テンプレートなどをひとまとめにして効率的に扱うことができます。MDGテクノロジーを使うと、UMLプロファイルやパターン・コード生成テンプレートやプログラム言語のデータ型などの情報をまとめて、簡単に扱い、利用することができます。

 

 

MDGテクノロジーについて

Enterprise Architectで提供されているいくつかの追加機能は、このMDGテクノロジーを利用しています。

具体的には、ICONIX, BPMN, データフロー図(DFD) などがあります。

多くのMDGテクノロジーが、Enterprise Architectのインストーラに含まれています。

いくつかのMDGテクノロジーについては、ファイルがWebサイトで提供されていますので、ダウンロードしてご利用ください。

ダウンロードは(追加データ・拡張データのダウンロード) からご利用できます。

MDGテクノロジーファイルは、 APPDATAフォルダ以下 (%APPDATA%\Sparx Systems\EA\MDGTechnologies) に格納することで、利用することができます。このフォルダに配置するための機能として、「MDGテクノロジーファイルの読み込み」機能があります。

(Enterprise ArchitectのインストールディレクトリにあるMDGTechnologiesディレクトリに配置しても利用することができますが、Windows 7ではこのディレクトリへの編集には管理者権限が必要です。)

ネットワークフォルダやWebサイトにあるテクノロジーファイルを参照・利用することもできます。複数の利用者がテクノロジーファイルを参照・利用する場合に便利です。

MDGテクノロジーは独自に作成することもできます。詳細はSDKマニュアルをご覧下さい。

 

 

なお、モデルブラウザ内のリソースタブMDGテクノロジーを読み込む方法も可能です。この場合には、読み込んだプロジェクトを利用する人が、そのMDGテクノロジーを利用できるようになります。

 

MDGテクノロジーが有効になると、テクノロジーを管理したり利用したりすることになります。

 

なお、MDGテクノロジーで定義された要素などのみを利用したい(UMLの要素などを非表示にしたい)場合には、無効にすることもできます。これにより、MDGテクノロジーでモデルを独自に定義し、その内容を利用するためにEnterprise Architectを基盤として活用することができます。

 

注意:

独自のMDGテクノロジーを定義する際には、そのMDGテクノロジーが対象とするシステムやモデル構造などについて、あらかじめ熟知しておく必要があります。

 

 

参照: