グループの管理

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  チーム開発 > ユーザーセキュリティ(アクセス権) >

グループの管理

セキュリティグループを利用することで、アクセス権の設定を簡単に行うことが可能になり、複数のユーザーにまとめてアクセス権を設定することができます。

 

なお、ここで定義したセキュリティグループはモデル内メッセージの機能でも送信先グループとして利用することができます。メッセージをグループ宛に送信した場合には、そのグループの全てのユーザーにメッセージが届きます。この場合には、以下のいずれかの動作になります。

 

 

グループの作成後は、グループに対して利用するパースペクティブやリボンを指定することができます。これにより、グループの目的に合致するパースペクティブや機能を利用しやすくすることができます。

 

 

利用手順:

リボン

プロジェクト > セキュリティ > グループ

 

 

 

セキュリティグループの管理

項目

説明

新規

このボタンを押すと、新しいグループを追加できます。

グループ名

グループの名前を指定します。

説明

グループの説明文を入力します。

保存

このボタンを押すと、指定した内容でグループを作成します。

アクティブディレクトリとリンク

この項目にチェックを入れると、アクティブディレクトリのグループと連動させることができます。

アクティブディレクトリに対するWindowsのアクセス権がない場合には、エラーが表示されます。

アクセス権がある場合には、グループの一覧が表示されますので、取り込むグループを指定してください。

OpenIDグループ

OpenIDの情報として定義されるグループ情報と、プロジェクト内のグループを結びつけるための情報です。この項目は、「Windows/OpenIDユーザー定義と連動」の設定が有効な場合に利用されます。OpenIDでログインした場合に、そのユーザー情報と合わせて渡されるグループ情報を元に、プロジェクトに定義されたグループに所属させ、プロジェクトが利用できるようになります。既にプロジェクトに情報があるユーザーの場合には、OpenIDから渡されるグループ情報を正しいものとしてグループの所属情報を更新してから、プロジェクトが利用可能になります。

ここで設定した情報と、OpenIDで定義されたグループ情報の文字列が一致する場合に、該当のグループに所属するとみなします。

なお、大文字小文字を区別します。

(参照:ユーザーの管理

共有メッセージ

モデルメッセージの機能で、グループに対してメッセージを送信可能にする場合には、チェックを入れます。

チェックを外した場合には、グループに対してメッセージを送信すると、グループのメンバーそれぞれにメッセージが配信されます。

アクティブディレクトリのグループ

結びつくアクティブディレクトリのグループがある場合、その内容が表示されます。

同期

このボタンを押すと、アクティブディレクトリの内容と同期を行います。

アクセス権

対象のグループに所属する人が持つアクセス権を指定します。

ユーザー

グループに所属するユーザーを指定します。

閉じる

このダイアログを閉じます。

 

注意:

  • セキュリティ - ユーザーとグループの管理のアクセス権が必要です。初期状態で存在する管理者は、このアクセス権を持っています。
  • グループに対してはパスワードを指定することはできません。複数の利用者が同じグループとしてログインしたい場合には、共通で利用するユーザーを定義し、ログインIDとパスワードを周知させて下さい。Enterprise Architectでは、同じユーザーでの複数ログインを許容しています。
  • プロジェクト間でグループの情報を転送するためには、リファレンス情報の入力機能、出力機能を利用します。
  • グループの削除を行った場合でも、送信済みのメッセージには影響はありません。新しいグループでメッセージの保持が必要な場合には、新しいグループ宛にメッセージを再送信しなければなりません。
  • グループ名の変更を行った場合には、送信済みのグループ宛メッセージのグループ名も自動的に更新されます。

 

 

参照: