パッケージのロック

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  チーム開発 > ユーザーセキュリティ(アクセス権) > ロックの適用 >

パッケージのロック

パッケージのロック機能 を利用すると、パッケージ内の要素(と、子パッケージ内に含まれる全ての要素)をまとめてロックすることができます。

この排他ロックは要素とダイアグラムにも自動的に適用されます。このロックは、個々の要素に対して個別にロックした場合と同じ結果になります。

ロックの種類や詳細は、単独の要素をロックする場合と同じです。

 

 

利用手順:

リボン

モデル > パッケージ > 操作 > ロック      (選択したパッケージが対象)

コンテキストメニュー

  • モデルブラウザの対象のパッケージを右クリック | パッケージの管理 | パッケージのロックと解除
  • モデルブラウザのパッケージを選択し、Ctrl+Shift+L

 

 

パッケージのロック

「プロジェクト」リボン内の「セキュリティ」パネルにある「管理」ボタンを押すと表示されるメニューで 「編集時には排他ロックが必須」 にチェックが入っていない場合には、以下のような手順になります。

 

操作方法:

#

説明

1

ロックの種類 のパネルで、適用するロックの種類を選択してください。

 

項目

説明

ロック無し

既存のロックをすべて解除します。

完全ロック

誰もこの要素を変更することはできません。

排他ロック

ロックをかけたユーザーのみがこの要素を変更できるようになります。

グループロック

指定したグループに所属するユーザーだけが変更可能になります。自分自身が所属しているグループのみが、選択肢に表示されます。

2

グループロックを選択した場合には、ドロップダウンリストから対象のグループのグループIDを指定してください。対象のグループのみが編集できます。

ドロップダウンリストには、自分が所属するグループのみが表示されます。

グループロックを適用する場合で、適用対象がモデルルートの場合に限り、「他のグループには非表示」の設定を適用することもできます。

3

必要に応じて、要素とダイアグラムもロックするかどうか、子パッケージもロックするか、のチェックボックスにチェックを入れてください。

対象のパッケージのみをロックする場合には、チェックボックスのチェックを外してください。

4

OKボタンを押すとモデルのロック状態が更新されます。

 

注意:

  • セキュリティ(アクセス権)機能が有効の場合には、要素のロックのアクセス権が必要です。
  • セキュリティ機能が有効かどうか、ロックのモードがどうなっているか確認するためには、「プロジェクト | セキュリティ | 管理 | 編集時に排他ロックが必須」 の項目の選択状態で確認できます。
  • セキュリティ(アクセス権)機能が有効の場合には、要素のロックのアクセス権が必要です。
  • 既に排他ロックが適用されている場合には、内容により選択可能な項目と、ロック無しの項目のみが選択可能になります。それ以外のロックをかける場合には、一度ロックを解除してください。
  • ダイアグラムがロックされている状態でダイアグラム内の要素を選択すると、要素の枠(カーソル)が赤色で表示されます。この場合には、ダイアグラムの内容を編集することはできません。
  • 編集時にロックが必須のモードの場合には異なるダイアログが表示されます。排他ロックの適用をご覧ください。

 

 

参照: