ロックの適用

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  チーム開発 > ユーザーセキュリティ(アクセス権) >

ロックの適用

パッケージやダイアグラム・要素をロックする場合や排他ロックを解除する場合には、モデルブラウザからでも、ダイアグラム内からでも操作可能です。以下の3つの内容について説明します。

 

注意:

要素やダイアグラムをロックするためには、要素のロックのアクセス権が必要です。

 

 

複数の項目を一括でロックする

モデルブラウザで複数の項目を選択し、一括でロックすることができます。この場合に、選択する項目は同じ種類でなければなりません。つまり、複数のパッケージのみか、複数のダイアグラムのみか、複数の要素のみの選択となります。また、選択する項目は同一のパッケージに含まれていなければなりません。

 

対象の項目を選択後、右クリックして以下のいずれかの動作を実行できます。

 

もし、対象の項目のロックが衝突した場合、例えば個々の項目が異なるユーザーやグループで既にロックされている場合には、その項目は動作の対象外となります。この場合には、出力サブウィンドウに警告が表示されます。

 

 

参照: