要素の自動レイアウト

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > ダイアグラム >

要素の自動レイアウト

Enterprise Architectのレイアウトツールサブウィンドウを利用すると、ダイアグラム内の要素をさまざまなルールで自動的にレイアウトすることができます。一部の要素のみを選択することで、選択した要素のみを対象にすることもできます。

 

ダイアグラムが単純な内容でない場合には、この機能でダイアグラム全体のレイアウトを行った後に、手作業での微調整が必要になることが多くあります。

 

 

利用手順:

リボン

ダイアグラム > ツール > レイアウト

コンテキストメニュー

複数の要素をダイアグラム内で選択して右クリック | 選択した要素をレイアウト

その他

レイアウトツールサブウィンドウ : 自動レイアウトの選択ルールのドロップダウンリストから、適用するルールを選択 | レイアウトの適用

 

 

手順:  

#

操作方法

1

現在開いているダイアグラムで、レイアウトの対象となる要素を選択します。複数の要素を選択する場合には、Ctrlキーを利用した複数選択や、マウスのドラッグによる範囲選択が便利です。

ダイアグラム内の全ての要素を対象にする場合には、対象の要素の選択は不要です。

2

レイアウトツールサブウィンドウ内にある、自動レイアウトの選択ルールのドロップダウンリストから、適用するルールを選択します。選択可能な項目は以下の通りです。

 

 

ルールを選択すると、ルールに応じて設定できる項目が表示され、ルールの適用結果を調整できます。

 

なお、上記の既定のルール以外にも、複数のルールを続けて適用する連鎖レイアウトを利用することもできます。

          • 既定の連鎖レイアウト
          • 独自に定義した連鎖レイアウト

 

なお、連鎖レイアウトを独自に定義したり定義済みの連鎖レイアウトを編集したりする場合には、ツールバーの ボタンを押して下さい。

3

全ての設定が完了したら、 ボタンを押して下さい。

対象の要素がルールに沿って自動的に再配置されます。

4

もし、レイアウト結果が期待したものと異なる場合、自動レイアウトを取り消すこともできます。ツールバーの元に戻すボタン () を押して下さい。

 

注意:

  • なお、以前のバージョンから存在する、単純なレイアウト機能を利用することもできます。クラス図などでは、この単純なレイアウト機能が便利です。
  • 要素の子要素については、自動レイアウトの対象外です。

 

 

参照: