分類子や型などの指定

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > 要素 > 要素のプロパティ >

分類子や型などの指定

分類子の指定ダイアログ(状況により型の指定振る舞いの選択既存の要素を選択など、ダイアログのタイトルや選択できる要素の種類が異なります)では、様々な状況において、要素や要素の属性・操作を選択するために利用します。

 

 

利用方法

このダイアログが利用できるのは、次のような状況です。

 

 

 

複数選択

対象の項目として複数選択が許可される場合には、このダイアログでも複数選択することができます。

この場合には、Ctrl キーを利用して複数項目を選択してください。要素を選択した状態で、他のパッケージに含まれる要素を複数選択することもできます。

項目を選択したままで、ツリーを展開したり検索を実行したりすることもできます。OKボタンを押すまで、選択状態は維持されます。

 

このダイアログを利用して希望する要素を選択する方法は次の通りです。

 

 

手順:  

#

操作方法

1

操作の状況に応じて、選択できる場合にはこのダイアログが表示されます。

2

名前空間のドロップダウンリストを利用すると、対象の範囲を絞り込むことができます。

(参照タブの場合には、名前空間の先頭位置にカーソルが移動します)

3

以下のいずれかの方法を選択します。:

  • 参照タブを利用して、希望する要素を選択します。(手順5に進む)
  • 検索タブを選択し、検索条件の項目に条件を入力して、希望する要素を探します。

4

検索タブでは、単語の指定とともに「完全一致」(入力された内容と完全に一致する名前の項目のみが対象かどうか)や 「大小文字一致」 (指定された単語に含まれるアルファベットが、大文字・小文字まで一致する必要があるかどうか)を指定します。

 

検索結果の一覧には、名前・種類・ステレオタイプ・パッケージ名・パッケージのパスの情報が表示されます。

  • 一覧の要素を選択し、要素を指定することができます。
  • 要素を右クリックして「要素の位置を表示」を実行すると、参照タブでその要素が選択された状態になります。

5

対象の項目を選択します。

6

OKボタンを押します。

 

注意:

  • このダイアログを利用して要素を選択した場合には、選択された要素の位置を記憶しています。次回このダイアログを開いたときに、その位置にカーソルが配置されます。複数の状態のアクションを指定する場合など、複数の項目に対して同じ要素を割り当てる場合に便利です。
  • 選択する対象が異なる場合などには、選択された要素の位置は復元されません。
  • 希望する要素がない場合には、新規に要素を作成することもできます。新規追加ボタンを押してください。要素の追加ダイアログが表示され、新規に要素を作成して選択することができます。
  • 既存の要素を選択する場合など、新規追加ボタンを利用できない場合もあります。
  • 分類子や型となる要素の選択時には、「検索」タブで名前や別名を検索して見つけることもできます。