フローで運ばれる情報の指定

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  UMLのモデリング > UMLの接続 > 情報フロー >

フローで運ばれる情報の指定

2つの要素間に情報フローを作成した後は、そのフローでどの情報アイテムや分類子が運ばれるかを指定することができます。

 

情報フローを作成して運ばれるアイテムを指定した場合に、すぐに情報フローを実現しないこともできます。その場合には、後から情報フローを実現することができます。

 

 

利用手順:

コンテキストメニュー

情報フローを右クリック | 追加設定 | 運ばれる情報アイテム

 

次のようなダイアログが表示され、対象のフローで運ばれる情報アイテムや分類子を指定することができます。

 

 

 

手順:  

#

操作方法

1

運ばれる情報アイテムダイアログで、追加ボタンを押します。分類子の指定ダイアログが表示されます。

2

この情報フローで運ばれる要素を指定して下さい。Ctrl キーを利用することで、複数の要素の指定が可能です。

3

OKボタンを押すと、元のダイアログに戻ります。選択した要素が一覧に表示されます。

4

選択済みの要素を解除したい場合には、対象の要素を選択して、削除のボタンを押してください。一覧から削除されます。

情報フローを実現し、黒三角付きの実線で表示させる場合には、「運ぶ要素を黒三角形で表示」にチェックを入れてください。情報フローの実現の操作が不要になります。

OKボタンを押すと、対象の情報フローで運ばれる要素として定義されます。その後、必要に応じて情報フローの実現の操作を行います。

 

 

参照: