XMLからの読み込み

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  プロジェクトファイルとリポジトリの管理 > モデルの入出力・転送 > XMLの読み込みと出力 >

XMLからの読み込み

パッケージの内容をXMLファイルから読み込むことができます。これにより、モデル間での要素の移動が可能になり、分散環境での開発や手作業でのバージョン管理などができます。

 

Enterprise Architectでは、次の形式をサポートしています。

 

これらの形式に加えて、Enterprise ArchitectではRational Software Architect (RSA)やRational Software Modeler (RSM)で利用されている *.emxおよび *.uml2形式のファイルRhapsodyの*.rpyファイルを読み込むことができます。

 

 

利用手順:

モデルブラウザで対象のパッケージを選択し、以下のいずれかを実行

リボン

生成・入出力 > モデルの入出力 > XML読み込み > XMLファイルの読み込み

キーボード

Ctrl+Alt+I

 

 

XMLファイルから読み込みダイアログでは、以下の項目が設定できます。

項目

説明

ファイル名

読み込み対象のXMLファイルを指定します。

ダイアグラムの読み込み

ダイアグラムの情報を読み込むかどうかを指定します。

GUIDの初期化

GUIDの初期化にチェックを入れると、読み込み時にモデル要素のGUID(一意な識別子)を初期化します。

これにより、同じモデルにパッケージの内容を2度読み込むことができます。GUIDを初期化しない場合には、2度目の読み込み時にエラーになります。

一括処理を行う

この項目には、既定の状態でチェックが入っています。必要に応じてこのチェックボックスを外して下さい。

コーポレート版でDBMSにモデルを格納している場合に、設定によってはXMLファイルの読み込み中に排他ロックエラーになる場合があります。この場合には、この項目のチェックを外してください。XMIファイルのサイズが大きい場合にも、チェックを外してください。

(参照:XMLに関する設定)

ログの出力

チェックを入れると、読み込み時の処理をログ出力します。ログファイルは、XMIファイルの位置に出力されます。

読み込むデータの既定の型

Rose XMI 1.1形式のファイルを読み込む場合には、読み込むデータの既定の型のドロップダウンリストから、追加するモデルの既定の型を指定してください。

XMIファイルのマージ

このボタンを押すと、マージファイルを指定するためのダイアログが表示されます。

  • マージファイルの利用 - マージファイルを利用し、パッケージのマージの際に、自分が変更した内容のみを差分比較・マージすることができます。
  • 直接マージ - マージファイルは利用せず、対象のモデルとXMIファイルとの単純比較で差分を検出します。

(参照:XMIファイルからパッケージにマージするマージファイルを利用したマージ

読み込み後にベースラインを追加

この項目にチェックを入れると、XMLファイルの読み込み後、読み込んだ内容についてベースラインを追加します。

この機能は、対象のパッケージの内容をXMIファイルとして出力する場合に、マージファイルも同時に出力する際に利用します。

読込

読み込みを実行します。

閉じる

このダイアログを閉じます。

ヘルプ

ヘルプを表示します。

状況

読み込みの状況を表示します。

 

注意:

  • セキュリティ(アクセス権)機能が有効の場合には、「XMLの読み込み」のアクセス権が必要です。
  • SQLServerをDBMSリポジトリに利用している場合には、画像を含むXMLファイルの読み込みには、t_imageテーブルにALTERのアクセス権が必要です。
  • XMLファイルの対象となるパッケージと同じパッケージが読み込み先に存在する場合には、マージファイルを利用しない限り既存のパッケージの内容はいったん破棄され、XMLファイルの内容で上書きされます。読み込みを実行する前に、既存の内容が破棄されても問題がないかどうか確認する必要があります。
  • もし、UML_EA.DTDファイルが必要な状態でXMIファイルを出力した場合には、読み込みの際にもこのファイルが必要です。ファイルがない場合にはエラーが表示されます。

 

 

参照: