ハイパーリンク

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > 要素 >

ハイパーリンク

ハイパーリンクとは、ダイアグラム内に配置した要素やノートなどの文字列に対して設定できる、他の項目へのリンク機能です。シンプルな機能ですが、モデル内の遷移を容易にしたり、他の情報と結びつけたりすることができるとても強力で便利な機能です。以下の形式のハイパーリンクを作成することができます。

 

 

それぞれの場合に対して、指定可能な項目は次のいずれかとなります。

 

ハイパーリンクの機能を利用することで、同じ情報を複数の箇所に重複させることを防ぐことができます。

 

 

ハイパーリンクの作成可能な場所とその方法

項目

説明

ダイアグラム内の要素として

ダイアグラム内にハイパーリンクを要素として配置するには、ツールボックスの共通グループ内にあるハイパーリンクのアイコンをドラッグして、ダイアグラム内にドロップしてください。

ハイパーリンク要素をダイアグラム内に配置後、ダブルクリックするとリンクの詳細を設定することができます。リンク先の種類や対象を指定します。表示名の欄に設定した内容がダイアグラム内に表示されますが、リンク先の種類によってはノート欄の内容がダイアグラム内に表示されます。

リンク先を設定した後は、ダブルクリックするとそのリンク先を開くことができます。設定内容を変更するには、要素を右クリックして プロパティ を実行します。

ハイパーリンク要素は、以下のような形式で表示されます。

 

リンク先の種類によってはアイコンが変わります。マウスカーソルを要素の上に載せることで、名前に下線が表示され、文字色も変わります。

別のダイアグラムへのリンク

別のダイアグラムへのリンクを作成する手順は次の通りです。

 

  1. 対象のダイアグラムをモデルブラウザからドラッグし、開いているダイアグラムにドロップしてください。
  2. 配置形式の選択ダイアログで、「リンク」を選択してください。

 

対象のダイアグラムへのハイパーリンクがダイアグラム内に表示されます。:

 

ダイアグラムへのハイパーリンクは、ツールボックスからハイパーリンク要素を作成してリンク先をダイアグラムに指定することでも作成できます。

(ダイアグラムを配置した際にサブアクティビティとして表現される場合にハイパーリンクとして配置した場合には、「サブアクティビティの自動生成」のオプションを無効にしてください。)

ファイルへのリンク

外部のファイルへのリンクを作成するには、Windowのエクスプローラやデスクトップから対象のファイルをダイアグラム内にドロップしてください。

ポップアップメニューが表示されますので、ハイパーリンク以下のいずれかの項目を選択して下さい。ハイパーリンク要素が作成されます。

設定内容を変更するには、要素を右クリックしてプロパティを選択してください。

ダブルクリックするとファイルを開くことができます。ファイルの種類によっては、Enterprise Architectのタブとして表示されます。

動作解析の設定へのリンク

動作解析サブウィンドウから動作解析の設定をダイアグラム内にドロップすることで、動作解析への設定のリンクを作成することができます。ドロップするとポップアップメニューが表示され、ビルドやデバッグなど、実行する内容を指定することができます。

アクション要素としてのリンク

アクション要素をドラッグしダイアグラムにドロップすると、ポップアップメニューが表示されます。(表示されない場合には、Ctrlキーを押しながらドロップしてください。)

メニューから「その他」を選択すると、新規アクションダイアログが表示されます。「その他」を選択します。

ドロップダウンリストからは、「Hyperlink」の項目を選択します。

OKボタンを押すと、ハイパーリンクアクション要素が生成され、ダイアグラム内に配置されます。

アクション要素を右クリックし、 「追加設定 | ハイパーリンクの設定」 を実行すると、リンク先の内容を設定できます。

ノート内から特定の要素へのリンク

要素のプロパティダイアログのノート欄やノートサブウィンドウで入力する文字列に対して、ハイパーリンクを設定することができます。

  • 文字列を選択した状態で右クリックし、「生成 | 既存の要素へのリンク」 を選択することで、モデル内の要素へのリンクを文字列に設定することができます。
  • 文字列を選択した状態で右クリックし、「生成 | 選択内容を名前とする要素を作成」 を実行すると、その選択した文字列を名前に持つ要素を生成し、その生成した要素へのリンクを文字列に設定することができます。
  • 文字列を選択した状態で、ツールバーのハイパーリンクのアイコンをクリックすることで、選択した文字列にハイパーリンクを設定することができます。

ノートや説明のテキスト

ノート要素のプロパティ欄だけでなく、書式設定が可能な入力欄については、同様の操作で要素へのリンクを設定できます。

(参照:リッチテキストノートのツールバー

仕様ビュー内でのリンク

仕様ビュー内に表示されるノートの内容からも、ハイパーリンクを設定することができます。文字列を選択後右クリックすることで表示されるメニューから設定できます。

ドキュメント内

ドキュメント生成を実行すると、ハイパーリンクの種類に応じてドキュメント内でもハイパーリンクが有効になります。

  • 要素やダイアグラムへのリンクをクリックすると、その内容の位置に移動できます。(リンク先の項目がドキュメントに含まれている場合)
  • その他の種類のハイパーリンクは、種類により動作が変わります。

 

例えば、Webサイトへのハイパーリンクは、そのWebサイトを開くハイパーリンクとして出力されます。その他、ヘルプページへのリンクやファイルへのリンクも同様に、リンクとして機能します。

テンプレート内に、あらかじめリンクを追加しておくこともできます。

付属ドキュメント

要素に対して付属ドキュメントを作成する場合には、付属ドキュメント内の文字列に対してハイパーリンクを設定することができます。リンク先として指定可能な項目は、モデル要素・Webページ・ヘルプページ・検索ルール・チームライブラリの投稿になります。

ハイパーリンクを設定後、次回以降に付属ドキュメントを開くとハイパーリンクが機能するようになり、ダブルクリックするとリンク先の項目を開いたり、リンク先の項目がモデルブラウザで選択されたりします。

 

また、ノート欄での操作と同様に、文字列を選択した状態で右クリックして、文字列に対して既存の要素へのリンクを設定したり、文字列から要素を生成したりすることもできます。

チームライブラリ

チームライブラリ機能では、要素をドラッグするなどさまざまな方法でリンクを作成することができます。

また、リソースフォルダには、モデル内の既存の項目へのリンクを配置することもできます。

モデルメッセージ

モデルメッセージの機能では、メッセージ内に要素へのハイパーリンクを作成することができます。

リンクを作成する簡単な方法は、リンク先となる要素をモデルブラウザで選択した状態で、メッセージ内のリンクを追加したい位置にカーソルを移動し、リンクの挿入ボタンを押して下さい。カーソルの位置にその要素へのリンクを作成することができます。

他の種類のハイパーリンクを作成したい場合には、以下のいずれかの操作を行います。

  • ツールバーのハイパーリンクのボタンを押す
  • リンクの挿入ボタンを押し、「その他」を選択する

 

ハイパーリンクの詳細ダイアログが表示されますので、リンク先となる項目を指定して下さい。