HTMLドキュメント

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  ドキュメントの生成 >

HTMLドキュメント

 

作成したモデルは、HTMLの形式で出力することができます。このHTML形式のドキュメントは、対象のプロジェクトの階層構造を維持して表示され、モデルの内容をブラウザ上で確認することができます。HTMLドキュメントの作成時には、プロジェクト全体を対象にすることもできますし、特定のパッケージ以下のみを対象にすることもできます。このHTMLドキュメントはJavaScriptを利用し、効率よくモデルを参照できるようになっています。また、ダイアグラム内の画像や要素のプロパティからは他の要素へのハイパーリンクが設定され、モデルの内容を簡単に参照できます。

 

 

概要:

Enterprise Architectでは、モデル全体あるいは個別のモデルを、HTMLのWebページとして出力することができます。HTMLドキュメントは、フレーム構成のナビゲータとエクスプローラから成り立っています。さらに、出力の多くにはモデル内の関係する箇所にハイパーリンクが貼られています。

 

Enterprise Architectでは、モデルの全体あるいは指定した範囲についてHTML形式のドキュメントにすることができます。HTMLドキュメントはモデルの内容をわかりやすくWebブラウザで表示することが可能で、JavaScriptを利用してモデルブラウザと類似の機能を実現しています。ダイアグラムの画像に含まれる要素をクリックすると、それぞれの要素の詳細に移動することができます。

 

このHTMLドキュメントは、テンプレートに基づいて生成されます。このテンプレートを編集することもできます。現在の機能では、一部の内容のみがテンプレートとして編集可能になっています。

 

ヒント:

  • 生成されるHTMLドキュメントは、広く利用されているいくつかのWebサーバで問題なく表示されます。出力された内容をディレクトリごとWebサーバにアップロードするだけで、HTMLドキュメントをサーバ経由で表示できます。HTMLドキュメント内のパスは相対パスで表現されています。
  • HTML出力の内容をカスタマイズするために、独自のテンプレートを作成することができます。
  • マスタードキュメントおよびリンクドキュメントオブジェクトは、HTMLドキュメントの場合にも利用できます。これにより、モデルブラウザ内の特定のパッケージを任意に選択し、HTMLドキュメントを構成することができます。

 

ヒント:

ローカルマシンに出力した結果(file://でアクセスする場合)については一部のブラウザでは正常に表示されません。

 

ブラウザ名

挙動

Chrome

起動時の引数として--allow-file-access-from-filesを設定しない限り、ローカルファイルの情報を読み取って実行できないため、正しく表示できません。

(null pointer exceptionのエラーが表示されます)

Internet Explorer

出力した内容の表示する際に確認のメッセージに対して、スクリプトの実行許可を与えることで問題なく表示できます。
(オプションで、確認のメッセージを表示させないようにすることができます。)

Edge, Opera, Firefox

現在のところローカルファイルの情報を読み取って実行することができないため、正しく表示できません。

 

 

参照: