HTMLドキュメントの生成

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  ドキュメントの生成 > HTMLドキュメント >

HTMLドキュメントの生成

パッケージの内容をHTMLドキュメントとして出力する場合には、対象のパッケージをモデルブラウザで選択後、簡単な操作で出力することができます。対象のパッケージに含まれるすべての子パッケージも出力されます。

 

利用手順:

リボン

生成・入出力 > ドキュメント > HTML > HTMLドキュメントの生成

キーボード

Shift + F8

その他

| ドキュメント | HTMLドキュメントの生成

 

 

HTMLドキュメントの生成

項目

説明

パッケージ

ドキュメントを生成する対象のパッケージです。

タイトル

出力するドキュメントのタイトルです。既定値ではパッケージの名前になっています。

出力先

ドキュメントの出力先のディレクトリです。

テンプレート

HTMLテンプレートが作成済みの場合には、利用するテンプレートを選択することができます。

拡張子

HTMLドキュメントのファイルの拡張子を指定します。

テーマ

テーマのドロップダウンリストから定義済みのテーマを選択すると、ダイアグラム内の要素や接続の色などの書式を変更してドキュメントを生成することができます。要素ごとの書式が設定されている場合にはテーマの設定は反映されません。

テーマを指定しない場合には、Enterprise Architectのダイアグラムに表示されている形式のままで出力されます。

ヘッダの画像

出力されるHTMLドキュメントの右上部分に表示される画像を指定できます。

指定しない場合には、Enterprise Architectのロゴが表示されます。

ノート内の空白文字を保持

ノート内の既存の空白文字をそのまま残すか、あるいは削除するかを選択することができます。

ノートやテキスト要素は出力しない

ダイアグラム内のノートやテキスト要素をドキュメントに含めるかどうかを指定します。

モデルブラウザでステレオタイプを非表示

この項目にチェックを入れると、出力するHTMLファイル内のツリー表示で、ステレオタイプの情報を表示しない形式で出力します。チェックを外すと、ステレオタイプの情報も付加したツリーを出力します。

外部リンクの付加情報

外部のURLへのリンクなどをHTMLドキュメントに出力すると、ハイパーリンクとなります。このリンクをクリックした場合の挙動を指定できます。

  • '_top' - HTMLドキュメント全体を、リンク先の情報に切り替えます。(既定値)
  • '_blank' - 別のウィンドウあるいはタブで開きます。
  • '_self' - コンテンツが表示されているフレームに、リンク先の情報を表示します。

画像の形式

HTMLドキュメント内の画像の形式を指定します。

  • PNG
  • GIF

以下のものを含む

それぞれの項目の情報を出力に含めるかどうかを指定します。

  • 保守項目
  • タスクの割当
  • ファイルへのリンク
  • 印刷不可の要素
  • テスト項目
  • 用語集
  • タスク
  • 問題点

既定のダイアグラム

HTMLドキュメントを最初に開いたときに表示されるダイアグラムを指定します。

  • モデルの既定値
  • 現在のダイアグラム
  • 指定する - ボタンを押して、ダイアグラムを指定できます。
  • なし

生成

選択された設定にあわせてHTMLドキュメントを出力します。

表示

このボタンを押すと出力結果のドキュメントを表示させることができます。

閉じる

このダイアログを閉じます。

 

 

特定の要素や図のページを直接開く

このHTMLドキュメントで生成されるページのURLは、生成されるごとに変化します。もし、特定のダイアグラムや要素に関するページを表示するようにしたい場合には、対象のGUIDをURLに含めることで、そのページを表示させることができます。具体的には、次のように指定します。

 

http://path/index.htm?guid=xxxxxxxxxxxx

 

なお、 "guid=" の部分は必ず小文字にしてください。また、"="の後ろに付加するGUIDの値には波括弧{ }を含めないでください。

 

http:// .../path/index.htm?guid=DC62B0DA-0D60-4447-85E6-B9BBAE7FC90F

 

GUIDの値を取得するには、対象のダイアグラム要素パッケージをモデルブラウザ内で右クリックして、「コピー・貼り付け | GUIDをクリップボードにコピー」 を選択してください。

 

 

ブラウザによる挙動の違い

HTMLドキュメントは、利用するブラウザによって動作が異なる点があります。以下は主な違いの例です。

 

 

注意:

  • ドキュメントの生成オプションを利用して、ドキュメント出力外のパッケージを指定することもできます。

 

 

参照: