動作解析のサンプル

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  プログラムの動作解析 >

動作解析のサンプル

Enterprise Architectでは、動作解析の機能を簡単に試せるように、いくつかのサンプルを同梱しています。このサンプルには、動作解析の設定の他、ビルドのための情報やソースコードなどが含まれます。これにより、動作解析の機能を簡単に試すことができます。対象の環境は以下の通りです。

 

 

 

利用手順:

コンテキストメニュー

対象のパッケージを右クリック | モデルテンプレートの利用 > 動作解析サンプル

キーボード

Ctrl + Shift + M  > 動作解析サンプル

その他

モデルブラウザのツールバーのメニューボタンを押す | モデルテンプレートの利用 > 動作解析サンプル

 

 

詳細:

項目

利用方法

テクノロジー

対象の環境・言語を選択します。

名前

動作解析サンプルの名前です。

説明欄

サンプルの説明です。英語で表示されます。

出力先フォルダ

ソースファイルや設定ファイルなどを出力するフォルダを指定します。

ローカルパスを利用

ローカルパス機能を利用する場合にチェックを入れてください。

この場合には、出力先フォルダを指定するのではなく、定義済みのローカルパスの定義を選択してください。

コンパイラコマンド

選択したサンプルに関連づけられているコンパイラコマンドが表示されます。必要に応じて、パスなどを変更してください。

ローカルパスの設定

動作解析に関係するパス(例:Visual Studioのインストール位置)などは環境によって異なるため、サンプルでは、内部でローカルパスを利用しています。

初めてサンプルを読み込む際には、このサンプルで利用されているローカルパスの設定が必要です。

このボタンを押すと、ローカルパスダイアログが表示されます。

 

注意:

  • 必要に応じて、独自のサンプルを追加することもできます。既存のサンプルの読み込みとしての利用だけでなく、設計開発の現場での設定をサンプルとして共有することができます。Enterprise ArchitectのインストールディレクトリにあるAppSamplesディレクトリ内にその情報を格納してください。
  • 個々のサンプルのディレクトリ内には、すべて同名のzipファイル、XMIファイル、設定(cfg)ファイルとアイコン(ico)が含まれます。

 

  • 設定ファイルには以下の内容を含みます。
  • [provider], [language], [platform], [url], [description], [version] - 説明欄に表示される内容
  • [xmirootpaths] - ソースファイルのパスをインストールされた位置に合わせるために利用します。

 

 

参照: