基本的な設定項目

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > 要素 > 要素のプロパティ > プロパティダイアログ >

基本的な設定項目

要素のプロパティダイアログの全般タブでは、要素の基本的なプロパティである名前や状態・可視性などを設定することができます。右側には以下のようなタブ切り替えできる入力項目があります。

 

 

 

利用手順:  

ダイアグラムやモデルブラウザで対象の要素を選択:

リボン

モデル > 要素 > サブウィンドウ > プロパティダイアログ

キーボード

Alt+Enter

その他

要素をダブルクリック

 

 

ダイアログの左側と「基本」タブでは、以下の内容が設定できます。

項目

説明

名前

要素の名前です。新規に作成した要素の場合には、以下のいずれかとなります。

名前は必要に応じて編集できます。

ノート

要素に関連する内容を文字列で入力できます。リッチテキスト形式で内容を記入することができます。

表示される文字の大きさは、表示に関する設定から変更することができます。

ステレオタイプ

要素のステレオタイプを必要に応じて指定します。要求要素など一部の種類の要素については「種類」として表示されます。

(参照:ステレオタイプの選択)

状態

現在の状態です。(設計中・承認済など)

別名

要素の別名を指定します。

ユーザーのオプション「別名を役割の説明に利用」が有効になっている場合には、別名の代わりに「役割」として表示されます。

キーワード

ユースケース測定や検索ダイアログでフィルタすることが可能な文字列です。

多くの場合には、キーワードやその他関連する単語などを入力します。

作者

要素を作成した作者の名前が表示されます。

複雑度

要素の複雑さを示します。プロジェクトの見積もりに利用します。簡単・普通・複雑を指定できます。

ユーザーのオプション「詳細な複雑度設定」を有効にすることで、非常に複雑・不明を指定できるようになります。

要求要素など一部の種類の要素については表示されません。

言語

要素のプログラム言語を指定します。

ソースコード生成が可能な、クラス要素とインターフェース要素のみが対象です。

要求要素など一部の種類の要素については項目自体が表示されません。

難易度

要求要素など一部の種類の要素についてのみ設定可能です。

難易度を、「高」「普通」「低」から指定できます。

優先度

要求要素など一部の種類の要素についてのみ設定可能です。

優先度を、「高」「普通」「低」から指定できます。

バージョン

選択要素のバージョンです。

フェーズ

要素が実装されるフェーズです。(例: 1, 1.1, 2.0 ...)

パッケージ

要素が格納されているパッケージ名を表示します。

作成日

要素が作成された日時を表示します。

更新日

要素が最後に更新された日時を表示します。