汎化

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  UMLのモデリング > UMLの接続 >

汎化

 

汎化はいわゆる継承を表現するために利用されます。特定の分類子からより一般的な分類子に引かれた場合、対象の属性や操作を継承して実装することになります。

 

束縛クラスとパラメタライズドクラスの間に汎化の接続を作成し、テンプレート束縛を定義することもできます。

 

ツールボックスのアイコン

 

 

参照: