一列 レイアウト

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > ダイアグラム > 要素の自動レイアウト >

一列 レイアウト

一列レイアウトは、選択した要素と接続で結ばれる要素を、指定した位置に一列に並べます。このレイアウトでは、基準となる要素を1つ選択する必要があります。

 

 

レイアウトを実行する手順は次の通りです。:

 

手順:  

#

操作方法

1

ダイアグラムのレイアウトサブウィンドウを表示するには、「ダイアグラム」リボン内の「ツール」パネルにある「レイアウト」ボタンから、「レイアウトツール」を実行してください。

2

現在開かれているダイアグラム内で、対象の要素を選択します。

3

サブウィンドウの左上にあるドロップダウンリストから、「一列」を選択します。

4

その後、ソート のドロップダウンリストで、外の種類を指定します。選択可能な項目は次のいずれかになります。:

  • なし - 要素の順序は、現在のダイアグラム内の位置によって決まります。左から右・上から下の順序で並びます。
  • 領域 (昇順) - 要素の大きさの順に並びます。小さい要素から大きな要素の順です。
  • 領域 (降順) - 要素の大きさの順に並びます。大きい要素から小さな要素の順です。
  • 名前 (昇順) - 要素の名前の順序に並びます。
  • 名前 (降順) - 要素の名前の逆順に並びます。
  • 要素の種類 - 要素の種類ごとに分類され、並びます。

5

間隔 (px)の欄に、選択した要素とその他の要素との間隔をピクセル単位で指定します。

6

レイアウト対象となる要素を決めるため、要素間の接続の方向を指定します:

  • 入力ノード - 選択されてる要素が接続の先(ターゲット)側になっている接続の要素がレイアウト対象になります。
  • 出力ノード - 選択されてる要素が接続の元(ソース)側になっている接続の要素がレイアウト対象になります。

7

配置位置の項目では、ドロップダウンリストでレイアウトのルールを指定します。

  • 左 - 関係する要素を選択した要素の左に移動します。
  • 右 - 関係する要素を選択した要素の右に移動します。
  • 上 - 関係する要素を選択した要素の上に移動します。
  • 下 - 関係する要素を選択した要素の下に移動します。