XMLへの出力

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  プロジェクトファイルとリポジトリの管理 > モデルの入出力・転送 > XMLの読み込みと出力 >

XMLへの出力

パッケージの内容をXMLファイルへ出力することができます。

 

これにより、モデル間での要素やダイアグラムの共有が可能になり、 分散環境での開発バージョン管理などができます。なお、Rasional Roseやその他のツール(XMI1.0 ~XMI2.5.1標準をサポートしているツール)へEnterprise Architectのモデル要素を出力する機能もサポートされています。

 

XML出力に関する制限についてはXMIの制限のページもご覧下さい。

 

 

利用手順:

モデルブラウザで対象のパッケージを選択し、以下のいずれかを実行

リボン

生成・入出力 > モデルの入出力 > XML出力 > XMLファイルへ出力

キーボード

Ctrl + Alt + E

 

 

詳細:

項目

説明

パッケージ

対象のパッケージ名です。

ファイル名

出力するXMLファイルの名前です。

出力形式

選択肢

説明

XMI 1.1

選択したパッケージを XMI 1.1で出力します。

XMI 2.1

選択したパッケージを XMI 2.1で出力します。

EA独自

選択したパッケージをの内容を、EA独自形式で出力します。

形式を選択

その他の形式で出力する場合には、このボタンを押します。

なお、Enterprise Architectで読み込む場合には、このボタンを利用せず、XMI1.1・XMI2.1・EA独自のいずれかを選択してください。

ベースラインの情報からマージファイルを生成

この項目は以下の条件を満たす場合に実行できます。

  • 「出力形式」がXMI 1.1であること
  • 対象のパッケージにベースライン情報が存在すること

 

参照 () ボタンを押すと、ベースラインを選択するダイアログが表示されますので、対象のベースラインを指定します。

XMIファイルの出力が完了すると、同じディレクトリにマージファイルが生成されます。ファイル名の末尾は、_Merge.xmlとなります。

このマージファイルは、出力したパッケージを他のプロジェクトにマージする場合に利用することができます。

XMLを表示

生成したXMLファイルを表示します。

出力

出力を実行します。

閉じる

このダイアログを閉じます。

ヘルプ

ヘルプを表示します。

状況

出力の状況を表示します。

 

注意:

  • セキュリティ(アクセス権)機能が有効の場合には、「XMLの出力」のアクセス権が必要です。
  • XMLファイルを出力する際に、ファイルに保存する前にXSLスタイルシートを適用し、HTMLなどの別の形式に変換することもできます。この機能を利用する場合には、事前にそのXSLスタイルシートを リソース サブウィンドウに読み込んでおく必要があります。
  • オプションダイアログで、「出力時のログを出力する」設定にしている場合には、ログファイルが出力されます。
  • Enterprise Architect7.0以前で作成されたXMI 2.1形式のファイルは、バージョン7.1以降のEnterprise Architectでは正しく読み込むことはできません。

 

 

参照: