要素のコンテキストメニュー

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > 要素 >

要素のコンテキストメニュー

ダイアグラム内の要素の1つを右クリックしたときには、コンテキストメニューが表示されます。複数の要素を選択したときには表示される項目がかわります。詳細は複数選択時のコンテキストメニューをご覧ください。

 

 

利用手順:  

コンテキストメニュー

ダイアグラム上の要素を右クリック

 

 

コンテキストメニューの項目

項目

説明

アドイン・拡張

対象の要素に対して、アドインやスクリプト・MDGテクノロジーで提供される機能を実行します。

設計支援

ディスカッションレビューのサブウィンドウを開きます。

(セキュリティ機能が有効な場合にはモデルのチャットメッセージの作成 の機能も呼び出すことができます。)

プロパティ

プロパティダイアログやさまざまなサブウィンドウを開きます。

属性・操作と付属要素

属性・操作と付属要素サブメニューを呼び出します。

書式設定

書式設定に関するサブメニューを呼び出します。

付属ドキュメント

[Ctrl+Alt+D]

要素にドキュメントを作成し、関連付けることができます。また、すでに付属ドキュメントが存在する場合には、内容を表示します。

区画の表示設定

[Ctrl+Shift+Y]

区画の表示設定ダイアログを表示することもできます。

ブックマークの設定

この機能は、選択した要素に対して「ブックマーク」を設定できます。ブックマークを設定すると、その値がダイアグラム内で要素の上に表示されます。

 

実行するとブックマークの設定ダイアログが開きます。「ブックマークの表示」にチェックを入れ、「ブックマークの値」欄に表示したい内容を入力すると、設定した内容がダイアグラムで表示されるようになります。ブックマークは、赤い楕円で表示され、白色で設定した文字が表示されます。

「ブックマークの表示」のチェックを外すことで、設定した内容を非表示にすることができます。また、ダイアグラムの右クリックメニューの「ブックマーク | ブックマークをすべて表示」「ブックマークをすべて隠す」を実行することで、他の要素も含めて一括で表示を切り替えることができます。

 

この機能は、バージョン15.0以降で利用できます。バージョン14.1までで利用できるブックマーク機能を強化したものですが、以前のバージョンから利用できるブックマーク機能との互換性はありません。

関係する要素の追加

対象の要素と接続でつながる要素をダイアグラム内に配置できます。

関係する要素の追加のページもご覧ください。

新規バージョンとして要素を複製

派生開発を支援する機能を利用している場合に、新規バージョンとして要素を複製します。

追加設定

追加設定サブメニューを呼び出します。

子ダイアグラムの追加

要素に子ダイアグラム(および、必要な場合には子要素)を追加します。以下の選択肢がサブメニューとして表示されます。

  • 要素の種類によっては、その要素に固有の子ダイアグラムを作成できます。
  • クラスなどの分類子に対しては、アクティビティ・相互作用・状態マシンを作成できます。これらの選択肢は、子要素を作成しその要素の子ダイアグラムを作成します。
  • 要素の種類に応じた子ダイアグラムを作成します。
  • 既存のダイアグラムを子ダイアグラムとして結びつけます。
  • 作成する種類を指定し、子ダイアグラムを作成します。

子要素の追加

以下のいずれかの要素を追加します。

  • ポート・パート・アクティビティパラメータなどの要素を、子要素として追加します。
  • ノートや制約などを作成し、該当の要素とノートリンクで結びつけます。(参照: ノートやテキストの追加)

簡易デシジョンテーブル

アクティビティ要素やアクション要素について、デシジョンテーブルを定義するためのダイアログを表示します。

また、ルールタスク要素に対してルールコンポーザーを表示します。

ドキュメントの生成

(ドキュメント出力設定要素のみ)

設定した内容でドキュメントを生成します。

チェック項目のクリア

(チェックボックス要素のみ)

全てのチェック項目のチェックを外します。

(参照:チェックリストと監査チェックリスト

チェックリストの間隔

(チェックボックス要素のみ)

表示されるチェック項目の表示間隔を指定します。

検索

検索に関する項目のページをご覧ください。

コピー・貼り付け

要素のコピーや画像のコピーなどを行います。

振る舞い

振る舞いに関する項目のページをご覧ください。

要素のロック

要素をロックし、編集できないようにします。再度選択すると編集できるようになります。

セキュリティ(アクセス権)機能が有効な場合には、高度なロック機能が利用できます。

順序

この項目以下のメニューを選択することで、要素が重なった場合の前後方向の位置関係を調整できます。

なお、接続は常に要素の前面に表示されます。

ヘルプ

この要素に関するヘルプを表示します。

ダイアグラムから削除 <要素名>

[Ctrl+D]

要素をダイアグラムから削除します。要素自体はモデルブラウザに残りますので、再度配置して利用することができます。

ノート要素など、モデルブラウザに表示されない要素は、ダイアグラムから削除後、ダイアグラムを保存するとモデルからも削除されます。

 

注意:

要素を複数選択している場合には、実行した機能は選択されている全ての要素に影響します。複数選択している場合のメニューの内容は「要素のコンテキストメニュー - 複数選択」 をご覧ください。

 

 

参照: