パッケージブラウザの操作

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  モデル内の探索・検索・追跡 > パッケージブラウザ >

パッケージブラウザの操作

パッケージブラウザのツールバーやコンテキストメニューを利用して、さまざまな機能を呼び出すことができます。具体的には、パッケージや要素・ダイアグラムなどを追加したり、ドキュメントを生成したりすることができます。

 

また、表示されている内容をカスタマイズすることもできます。

 

これらの機能を呼び出すには、ツールバーのボタン()を利用するか、右クリックすると表示されるコンテキストメニューを利用します。

 

 

利用手順:

ツールバー

パッケージブラウザ内のツールバーのボタンを押す :

コンテキストメニュー

パッケージブラウザ内の項目を右クリック

 

 

操作

説明

新規追加

要素の追加ダイアログが表示され、新規に要素を追加することができます。

ノートの編集

ノートサブウィンドウで、対象の項目のノートを参照・編集できます。カーソルはノートサブウィンドウ内に移動します。

印刷

要素一覧の内容を印刷します。

印刷ダイアログが表示されますので、印刷の詳細を指定してください。

ドキュメントの生成

ドキュメントの生成ダイアログを表示し、選択した要素に対してドキュメントの生成を実行できます。

必要に応じてドキュメントの生成のオプションを設定し、出力して下さい。

子パッケージの内容を表示

以下の表示を切り替えます。

  • 子パッケージおよびそのパッケージに含まれる内容も表示します。
  • 対象のパッケージに含まれる内容のみを表示します。

要素の階層の表示

以下の表示を切り替えます。

  • 階層を考慮した形式
  • 指定した項目でグループ化可能な形式

フィルタバーの表示

表示内容をフィルタするためのフィルタバーの表示・非表示を切り替えることができます。

フィルタバーに文字列を入力すると、その内容を含む項目のみが表示されるようになります。

グループバーの表示

指定した項目で内容をグループ化するための領域を表示します。

ノートの表示設定

ノートの表示形式を以下のいずれから選択します。

  • ノートを表示しない
  • プレビューとして、ノートの内容の一部を表示する
  • ノート内容の全てを表示する

 

 

要素一覧ビューの操作:

要素一覧ビューで要素を右クリックすると、コンテキストメニューが表示され要素に対する操作が可能になります。

 

項目

説明

アドイン・拡張

対象の要素に対して、アドインやスクリプト・MDGテクノロジーで提供される機能を実行します。

設計支援

ディスカッションレビューのサブウィンドウを開きます。

(セキュリティ機能が有効な場合にはモデルのチャットメッセージの作成 の機能も呼び出すことができます。)

ガントチャート

パッケージ内の要素について、一覧形式ではなくガントチャート形式で表示します。

プロパティ

選択された要素のプロパティダイアログを表示します。

ノートの編集

[Ctrl]+[Space]

選択された要素のノートを編集します。ノートサブウィンドウが表示されます。

利用されているダイアグラム

選択されている要素が利用されているダイアグラムを表示します。

モデルブラウザ内の位置を表示

選択した要素のモデルブラウザ内での位置を表示します。

要素のブックマーク

選択されている要素にブックマークを設定、あるいは解除します。

付属ドキュメント

[Ctrl + Alt + D]

選択されている要素に付属ドキュメントを作成あるいは編集します。

詳細は付属ドキュメントのページをご覧ください。

ドキュメント

ドキュメントを生成します。次の項目から動作を選択することができます。

  • 選択した要素ごとにドキュメントを作成する
  • 選択した要素全てを1つのドキュメントに生成する

 

どちらを選択した場合でも、ドキュメントの生成ダイアログが表示されます。

あるいは、要素一覧の内容自身を印刷します。

なお、ツールバーのドキュメントアイコンを押した場合には、選択されている全ての要素が対象の1つのドキュメントが生成されます。

内容をソート

モデルの階層構造を表示する形式で表示されている場合に利用できます。要素の階層構造と表示順序を、最新の情報を元に並べ直します。

要素一覧以外の場所で要素の情報が変更された場合に便利です。

再読み込み

表示されている内容を、最新の情報に更新します。

タグ付き値を列として追加

タグ付き値を列として追加し、一覧で確認できるようになります。詳細は下記をご覧ください。

表示項目の設定

パッケージブラウザ内で、列について追加・削除・順序変更など行った結果を保存することができます。保存できる内容は、列の表示有無・順序・幅の情報になります。

この項目には以下の3つのサブメニューが含まれています。

  • 表示項目の設定の適用 - 既に定義済みの設定を読み込み、反映することができます。複数の定義を保存することが、列の表示内容を切り替えることができます。
  • 表示項目の編集内容を保存 - 現在の列の内容について、名前をつけて保存することができます。既存の設定と同じ名前を指定することにより、設定を上書き保存することができます。
  • 表示項目の設定の削除 - 定義済みの内容について、削除することができます。なお、設定を削除しても、現在適用されている列の表示状況については、そのまま維持されます。

印刷

一覧の内容を印刷します。

印刷のためのダイアログが表示されます。

選択要素をモデルから完全削除

選択されている要素をモデルから完全に削除します。

あるいは、要素一覧ツールバーの削除ボタンを押します。

この削除は元に戻す(Undoする)ことはできません。

 

 

タグ付き値の列を追加するには:

一覧に特定のタグ付き値の値を表示したい場合には、列を追加することができます。ただし、この列は参照のみ(編集不可)です。追加する方法は2通りあります。

 

#

操作方法

1

以下のいずれかの操作を行います。

  • プロパティサブウィンドウのタグタブを表示し、タグをパッケージブラウザにドロップします。ドロップしたタグが列として追加されます。
  • パッケージブラウザ内の要素を右クリックし、「タグ付き値を列として追加」 を選択します。

 

タグ付き値の列を追加ダイアログが表示されます。

2

「タグ付き値を列として追加」 を選択した場合には、タグ付き値の列を追加ダイアログで以下のいずれかを選択してから、ドロップダウンリストから対象のタグ付き値を選択します。

 

  • 定義済みのタグ付き値 - プロジェクトに定義済みのタグ付き値を列として追加します。
  • 選択した要素のタグ付き値- 対象の要素に定義されているタグ付き値から1つ選択し、列として追加します。プロパティサブウィンドウからタグ付き値をドロップした場合と同じです。

 

対象のタグ付き値を指定したらOKボタンを押してください。一覧の内容が更新されます。

 

注意:

  • ダイアグラムを一覧形式で表示している場合には、タグ付き値のドラッグ&ドロップでの追加はできません。
  • Enterprise Architectコーポレート版で監査 の機能が有効になっている場合には、要素一覧ビューが表示されている場合に、個々の要素の監査履歴を確認することができます。この内容は出力サブウィンドウ監査履歴タブに表示されます。