ダイアグラムのコピー

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > ダイアグラム > ダイアグラム内の操作 >

ダイアグラムのコピー

Enterprise Architectでは、既存のダイアグラムをコピー(複製)することができます。コピーの方法には、以下の3通りがあります。

 

コピー元のダイアグラム内に配置されている要素とコピー先のダイアグラム内に配置される要素は同じ要素となります。つまり、どちらかの図で要素の名前などを変更した場合には、他の方の図でも反映されます。
ただし、テキスト・ノート・ハイパーリンク・ライフライン・オブジェクトなど、Enterprise Architectとして図に固有の要素として判断される要素については、常に異なる要素として生成・配置されます。

コピー元のダイアグラム内に配置されている要素を、別の要素として生成し、コピー先のダイアグラム内に配置します。
ただし、「ダイアグラム内の要素のみ新規に作成」の方法の場合には、対象の要素が子要素や付属要素を持ち、それらの要素が対象のダイアグラム内に配置されていない場合、その要素はコピーしません。この点を除けば、「全ての要素を新規作成」の方法と同じです。

 

なお、既存のダイアグラムを、別のパッケージに移動させることもできます。モデルブラウザ内で、対象のダイアグラムをドロップし、移動先となるパッケージにドロップしてください。なお、SysMLのダイアグラムなど、パッケージを示すダイアグラムフレームが表示されている場合には、ダイアグラムを移動させることはできません。一時的にフレームを非表示に設定して移動し、その後再表示させてください。

 

 

利用手順:  

コンテキストメニュー

  • モデルブラウザ内でダイアグラムを右クリックし、 コピー・貼り付け | ダイアグラムのコピー
  • パッケージか要素を右クリックし、 コピー・貼り付け | ダイアグラムの貼り付け

キーボード

ダイアグラムをコピーした後に:

  • 親となるパッケージをモデルブラウザで選択 > Ctrl+V
  • 親となる要素をモデルブラウザで選択 > Ctrl+V

 

 

詳細:

項目

説明

名前

新しく作成するダイアグラムの名前を入力します。

コピーの種類

コピーの方法・範囲を指定します。

  • 要素をリンクして利用
  • ダイアグラム内の要素のみ新規に作成
  • 全ての要素を新規に作成

OK

このボタンを押すと、コピーを実行します。

「コピーの種類」で選択した内容に応じてコピーを実行します。対象の要素間の接続についても、自動的にコピーします。

 

 

注意:

  • コーポレート版以上でセキュリティ(アクセス権)機能が有効になっている場合には、ダイアグラムのコピーには「ダイアグラムの管理」のアクセス権が必要です。
  • 貼り付け先として、要素を指定することもできます。要素の子ダイアグラムとして作成されます。
  • 要素をリンクとして貼り付けた場合、貼り付け先のダイアグラムで要素のプロパティ(名前など)を変更すると、その変更はコピー元のダイアグラムにも反映されます。
  • 要素を新規に作成する場合には、貼り付け先のダイアグラムで要素のプロパティを変更しても、元のダイアグラムの要素には影響しません。
  • パッケージ要素は、常にリンクとして貼り付けられます。
  • ダイアグラム内の要素の位置や大きさ・書式は、ダイアグラム毎に個別に設定・保存されます。

 

 

参照: