ダイアグラムごとのオプション

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  ドキュメントの生成 > DOCX/PDF/RTFドキュメント > ドキュメントの生成手順 >

ダイアグラムごとのオプション

ダイアグラムのプロパティダイアログから設定できるドキュメントのオプションの項目では、次の設定が可能です。

 

 

 

利用手順:

リボン

  • モデル > ダイアグラム > 操作 > プロパティ > ダイアグラム
  • ダイアグラム > ダイアグラム > 操作 > プロパティ > ダイアグラム

コンテキストメニュー

ダイアグラムの背景で右クリック | プロパティ > ダイアグラム

 

項目

説明

ドキュメントの出力対象外に
する

この項目にチェックを入れると、このダイアグラムの画像はドキュメントの出力対象外となり、出力されません。

ドキュメントにすべての要素を含める

このチェックボックスにチェックを入れると、ドキュメントの出力対象のパッケージに含まれていない要素で、出力対象のダイアグラムに配置されている要素もドキュメントに出力されるようになります。

 

ドキュメントの生成ダイアログにおいて「ダイアグラム内の要素をすべて出力」のチェックボックスにチェックを入れると、それぞれのダイアグラムに配置されているすべての外部の要素がドキュメントに出力されます。

よって、このチェックボックスを利用する場合には、「ダイアグラム内の要素をすべて出力」のチェックは外す必要があります。

 

いずれの場合でも、外部の要素の情報をドキュメントに含めるためには、ドキュメントテンプレートの 「パッケージ.ダイアグラム.要素セクション」 あるいは 「パッケージ.要素セクション」 を有効にする必要があります。

(参照:対象のパッケージに含まれない要素)

複数ページに分割する

ダイアグラムのサイズが1ページよりも大きい場合に、ドキュメントの出力を分割します。

注意:

この項目は、印刷の追加設定 ダイアログにおいて、縮尺調整の設定が 「なし」 になっている場合のみ有効です。

画像を回転する

ドキュメントの出力で、画像の向きを90度回転させて出力します。横方向に長いダイアグラムで便利です。

 

 

ダイアグラム内の要素をドキュメントに出力するためには、テンプレートでのセクションの追加も必要です。

 

この手順は次の通りです。

#

操作方法

1

「生成・入出力」リボン内の「ドキュメント」パネルにある「DOCX PDF」ボタンを押し、ドキュメントの生成 ダイアログを表示します、

2

テンプレートのタブに移動し、利用するテンプレートを選択して下さい。

3

編集ボタンを押してください。テンプレートエディタが起動します。

4

エディタ画面の左側のセクション一覧で 「パッケージ.ダイアグラム.要素」 のセクションのチェックボックスにチェックを入れて下さい。

 

これらのチェックボックスにチェックを入れると、以下のセクションが追加されます:

 

リンクされた要素の内容を出力する方法は次の通りです。

  • パッケージ::要素セクションで定義された内容と同じにする場合には、このセクションの内容を空にします。
  • 出力内容を変える場合には、必要に応じてこのセクションの内容を編集します。
  • パッケージ::ダイアグラム::要素のセクションを空にした場合には、パッケージ::要素のセクションと同じ内容が表示されます。また、パッケージ::要素以下のサブセクションの内容も出力対象になります。

 

注意:

  • ドキュメントの生成ダイアログでは、「ダイアグラム内の要素をすべて出力」という設定項目があります。この項目にチェックを入れると、ダイアグラムごとに設定する「ドキュメントにすべての要素を含める」オプションの選択より優先されます。つまり、すべてのダイアグラムに配置されているすべての要素が対象になります。
  • 「パッケージ.ダイアグラム.要素」セクションの内容を空にしてある場合には、「パッケージ.要素セクション」の内容が利用されます。「パッケージ.ダイアグラム.要素」セクションには「パッケージ.要素」セクションで利用可能なセクションを追加することはできませんのでご注意下さい。

 

 

参照: