サブウィンドウの連結

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの画面 > サブウィンドウ >

サブウィンドウの連結

Enterprise Architectのウィンドウは自由に画面内の位置を変更したり、ワークスペース(ダイアグラムなどが表示される領域)に隣接する形で配置することができます。これらのウィンドウをサブウィンドウと呼びます。サブウィンドウの位置は、各自の作業スタイルに合わせて自由に表示・配置することができます。

 

モデルブラウザやサブウィンドウのタイトルバーの部分をマウスでドラッグすることで、希望する位置に移動させることができます。

 

 

単独のサブウィンドウ:

Enterprise Architectのウィンドウ内に配置する代わりに、単独の(フロートの)サブウィンドウとして利用することもできます。このように利用する場合には、サブウィンドウのタイトルバーをドラッグして希望する位置に配置することができます。

 

 

他のサブウィンドウに連結してひとつのフレーム内に表示:

ドラッグ中に表示されるナビゲーションコンパスを利用することで、他のサブウィンドウと並べて配置することができます。サブウィンドウをドラッグし、コンパスの配置ターゲットマークにドロップすることで、その方向に連結して配置することができます。このようにして配置した場合には、他のサブウィンドウとは重ならず表示されます。

 

このような配置にする手順は次の通りです。

#

操作方法

1

対象のサブウィンドウのタイトル(タブ形式で表示されている場合には、タブ)をドラッグし、配置を希望する位置の方向に移動させます。これにより、状況に応じたナビゲーションコンパスが表示されます。

 

 

2

サブウィンドウをそのままドラッグし、コンパスの配置ターゲットマークの上までマウスカーソルを移動します。すると、対象のサブウィンドウが最終的に配置される位置が影で表示されます。

 

なお、ターゲットマークは、下記の図の赤丸と青丸の2組が表示されます。

  • 青丸で示したターゲットマークは、常に下の画像と同じ位置に表示されます。このターゲットマーク上にドラッグした場合には、画面全体に対して、上下左右の端に配置されます。
  • 赤丸で示したターゲットマークは、マウスカーソルの下にある他のサブウィンドウやダイアグラムビューの中央に表示されます。このターゲットマーク上にドラッグした場合には、対象のサブウィンドウを基準に、上下左右の端に配置されます。

 

3

ここでドラッグを終了すると、その位置にサブウィンドウが配置されます。

 

 

下の例では、ドラッグを終了したとすると、モデルブラウザは影で表示されている位置に配置されます。

 

 

 

既存のサブウィンドウと結合してひとつのサブウィンドウとして表示

すべてのサブウィンドウはひとつのサブウィンドウとして結合することができます。モデルブラウザ・プロパティなどのサブウィンドウ・ツールボックス・クラス図などのダイアグラム・検索ビューなどのビューなど、すべてのサブウィンドウは結合可能です。

 

 

 

次の例は、モデルブラウザ・ダイアグラムの概要サブウィンドウ・プロパティサブウィンドウ・ノートサブウィンドウの4つを結合し、1つのサブウィンドウとして扱っている例です。

 

 

このようにして結合したサブウィンドウを離すには、各サブウィンドウの名前が書かれているタブ部分をドラッグしてください。

 

ヒント:

サブウィンドウのドラッグ中にCtrlキーを押すことで、サブウィンドウの連結機能を一時的に無効にすることができます。

 

 

サブウィンドウを閉じる

サブウィンドウが不要になったら、ヘッダ部分をクリックしてウィンドウを操作対象にした状態絵、Ctrl+F4キーを押してください。選択したウィンドウが閉じます。他のサブウィンドウと結合している場合には、他のサブウィンドウはそのまま残ります。

 

 

サブウィンドウを自由に移動させる

サブウィンドウを画面内で自由に移動させるには、タイトルバーの部分をドラッグして、希望する位置に配置してください。ドラッグ中は連結させるためのアイコンが表示されますが、無視してください。この方法で、複数のサブウィンドウを希望する位置に配置して、多数の情報を一覧する場合に便利です。サブウィンドウを他のウィンドウと連結させた後も、再度自由に移動させることができます。

 

 

参照: