ダイアグラムビュー

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > ダイアグラム >

ダイアグラムビュー

ダイアグラムビューはもっとも重要なウィンドウで、現在利用しているダイアグラムの内容が表示されます。同時に複数のダイアグラムを表示したい場合には、ダイアグラムをサブウィンドウとして表示させ並べることもできます。

 

ダイアグラムを開くには、モデルブラウザ内のダイアグラム要素をダブルクリックして下さい。複数のダイアグラムを開くこともできます。ダイアグラム内のリンク(ハイパーリンクやナビゲーションセル)や子ダイアグラムを持つ要素をダブルクリックして別のダイアグラムを開くこともできます。

 

要素や接続に関する操作のほとんどは、ダイアグラムビューの中で行います。そのため、ダイアグラムビュー内での操作を理解することは必須です。サンプルモデルを利用したり、モデルテンプレートを利用したりして既存のダイアグラム内での操作を確認してください。

 

 

利用手順:  

その他

  • モデルブラウザでダイアグラムをダブルクリック
  • モデルブラウザでダイアグラムを選択し、リターンキーを押す

 

 

ダイアグラムの表示領域の最上部には、ダイアグラム名を表示する領域があります。

 

項目

説明

最上部の領域

 

ここにはダイアグラムの名前が表示されます。また、ダイアグラムを切り替えたり閉じたりするためのボタンもあります。内容は以下の通りです。

なお、シーケンス図では、それぞれのライフラインの名称が表示されます。

  • 最も左端の"<<"あるいは">>"ボタンを押すと、ツールボックスの表示・非表示を切り替えることができます。
  • ダイアグラムの種類を示すアイコンと、ダイアグラムの種類の名前
  • ダイアグラムの名前
  • 右側にある"<<"あるいは">>"ボタンを押すと、ダイアグラム内の要素のノートを一覧できる「ダイアグラム仕様ビュー」を表示あるいは非表示できます。
  • 下向きの黒矢印ボタンは、現在開いている全てのダイアグラム・ビューの一覧を表示するボタンです。選択するとダイアグラムを切り替えることができます。
  • ×ボタンは、ダイアグラムやビューを閉じるためのボタンです。

ダイアグラムビュー

ダイアグラムビューを利用して、要素間の関係や要素を定義します。ダイアグラム内で、要素を新規に作成したり、既存の要素を配置したりすることができます。

ほとんどの作業はダイアグラムビュー内で行われますので、ダイアグラムビュー内での要素や接続の操作を理解することは必須です。

(参考:ダイアグラムの一覧形式 , ガントチャート

ダイアグラム仕様ビュー

ダイアグラム内に配置されている要素に対して、ノートとして定義された内容を一覧として参照できるビューです。仕様ビューと同じ機能を、ダイアグラム内の要素に対して、図と並べて表示することができます。

最初は要素の名前順に並んでいますが、ダイアグラム内の要素の位置を基準として、上から下あるいは左から右での順番で、ダイアグラム仕様ビューの内容をソートすることもできます。

要素の名前やノートの内容をまとめて参照・編集する場合に便利です。

 

このダイアグラム仕様ビューは、ダイアグラムごとに表示・非表示を切り替え可能で、ダイアグラムと切り離して表示することはできません。

 

要素の名前やノート欄をダブルクリックすることで、その内容を編集できます。また、右クリックすると表示されるメニューから、さまざまな操作が可能です。

  • プロパティの表示
  • 選択している内容の編集
  • ノートの編集
  • 対象の要素のモデルブラウザ内の位置を表示
  • プロパティサブウィンドウで開く
  • タグ付き値を表示する
  • 一覧の表示と、ダイアグラム内の要素の位置の順序をあわせる
  • 最新の内容に更新する

 

注意:

  • ダイアグラムには、他のダイアグラムへのリンクを追加することもできます。
  • 複数のダイアグラムを開いて、切り替えて参照することができます。
  • 複数のダイアグラムを開いて、ダイアグラムを移動可能なウィンドウの形式にして同時に複数のダイアグラムを参照・編集することができます。
  • ダイアグラム内の要素を一覧形式で参照できます。
  • ダイアグラム内の要素を選択すると、その要素に関する情報がステータスバーに表示されます。

 

 

参照: