マトリックスビュー

<< 目次を表示 >>

ページ位置:  Enterprise Architectの操作 > ダイアグラム >

マトリックスビュー

マトリックスビューは、対象のダイアグラム内に配置されている要素について、要素間の関係をマトリックス形式で表示・編集できるビューです。

 

 

利用手順:  

リボン

モデル > ダイアグラム > 表示形式 >  マトリックスビュー

コンテキストメニュー

  • ダイアグラムの背景で右クリック | 表示形式の切り替え | マトリックスビュー
  • ダイアグラムのタブを右クリック | マトリックスビュー
  • モデルブラウザ内のダイアグラムを右クリック | 表示形式の切り替え | マトリックスビュー

 

 

マトリックスビュー

マトリックスビューは、関係マトリックスと似た機能・表現ではありますが、ダイアグラム内の要素間の関係を把握することに特化したビューです。

 

列と行のそれぞれには、ダイアグラム内に配置された要素が表示されます。行と列の交点となるセルには、要素間の接続の情報が表示されます。

 

 

マトリックスビューは、要素間のつながり、特につながっていない要素の把握などに便利です。マトリックス内で接続の追加や削除も可能です。

 

接続のあるセルを選択した際に多重度など接続に関係する追加情報がある場合には、横にその情報が表示されます。

 

 

 

表示設定

 

ドロップダウンリストで、以下のような表示の設定が可能です。

 

それぞれ、ドロップダウンリストを選択し、希望する種類を選択してください。なお、それぞれの選択肢には、対象のダイアグラム内に存在するもののみ表示されます。

 

また、接続を持つ要素のみを表示させることもできます。

 

 

表示形式

 

初期状態では、表示対象の要素が親子関係にある場合には、階層的に表示されます。マトリックスの左上のセルを右クリックして「要素の階層を表示」のチェックを切り替えることで、階層的に表示するかどうかを切り替えることができます。

 

マトリックス内の表示範囲の移動

 

マトリックスで表示される範囲(位置)は、スクロールバーやカーソルキーで調整できます。

 

スクロールバー:

 

 

カーソルキー:

 

 

要素の追加と削除

 

マトリックス内で要素の追加と削除も可能です。

 

マトリックスから要素を削除する場合には、対象の要素を行見出しあるいは列見出しから選択して、以下のいずれかの操作を行います。

 

 

接続の追加と削除

 

マトリックス内で、要素間の接続の追加と削除が可能です。

 

接続を追加するには、作成対象となる要素の交点となるセルを選択してください。その上で、以下のいずれかの操作を行います。

 

接続を削除するには、削除対象となるセルを選択してください。その上で、以下のいずれかの操作を行います。

 

 

要素や接続のプロパティを参照する

 

マトリックス内の要素や接続は、プロパティサブウィンドウやプロパティダイアログでプロパティを参照できます。

 

 

要素名を直接編集する

 

行見出しあるいは列見出しに表示されている要素の名前は直接編集することもできます。セルを選択した状態でF2キーを押すか、要素名をクリック後、もう一度要素名をクリックしてください。名前を編集後、Enterキーで編集内容を確定します。

 

 

接続を表示する・非表示にする

 

要素間の接続をモデルから削除せずに、マトリックスからのみ非表示にすることもできます。

 

接続を非表示にする:

 

対象のセルを選択した状態で、以下のいずれかの操作を行います。

 

非表示にした接続を再表示する:

 

対象のセルを選択した状態で、以下の操作を行います。

 

 

表示形式を切り替える

マトリックスビューで表示している場合には、通常のダイアグラム形式や他の表示形式に切り替えることができます。右クリックし、コンテキストメニューから「表示形式の切り替え」を選択します。

 

ダイアグラム形式に切り替える場合には、以下のような動作になります。

 

逆に、ダイアグラム表示になっている場合に、接続を右クリックして「マトリックスビュー」を選択することで、マトリックスビューを開いてそのセルの位置にカーソルを移動させることができます。

 

 

マトリックスの内容を出力する

マトリックスの内容は、以下のいずれかの方法で出力することができます。

 

 

参照: